2022.05.19

繫栄と安保 両立を 読売新聞の観点

読売新聞・繁栄と安保の共存1_NEW
 2022年5月15日の読売新聞。朝日新聞と取材の立ち位置が異なっています。テーマは「繁栄と安保 両立」という観点からの指揮者の主張を掲載しています

「抑止力の構築 国全体で」と主張するのは小原凡司氏(笹川平和財団上席研究員)です。

 小原氏は ウクライナ戦争のおかげで中国による台湾侵攻のハードルが上がったと言われています。戦争が長期化して国際社会が結束して(侵攻したロシアへの経済制裁の発動やウクライナへの資金や武器の意供)、攻撃する側の死傷者が大きくなると分かったからだろう。


 ウクライナ問題を教訓に、日本も抑止力などの問題を検討していく必要があるだろう。


「日本では、敵基地攻撃能力をあるいは反撃能力の保有について議論がおこなわれているが、「ミサイルの射程が長くなると攻撃兵器になるから保有すべきではない」という議論は根本的に間違っている。」

「(中国に近い沖縄や南西諸島にミサイルを集中せざるをえなくなり、負担が重くなるからだ。」

「日本は国全体として国際秩序を維持するための能力を構築すべきであって、射程を長くすれば、たとえば北海道にミサイルを置いても中国への良く自力になる。こうした議論をしっかり進めないといけない。」

「情報戦やサイバー攻撃を組み合わせた ハイブリット戦への対抗も課題だ。」

「衛星の基地局を日本各地につくる必要があるが、沖縄は敵地の1つだ。しかもただの基地局でなく、軍事、民間のねっいとワークのハブになる必要がある。」

「防衛戦略として、離島も多い日本では、その前方でどのように(侵略を)止めるのかも考えていかないといけない。」

 国際情勢を見据えた観点で論を構築しています。

 ロシアのウクライナへの軍事侵攻が、非同盟中立国であったフィンランドとスウェーデンが急遽揃ってNATO加盟を申請しました。

 またドイツは社民党政権にもかかわらず、軍備を増強する政策に転換しました。ロシアのような軍事侵攻は、中国も行う可能性も近い将来ありえるという危機意識から、感情的な意見も散見します。

 小原氏の提言は「そういうかんがえかたもあるのか」と思いました。安保問題や、軍事問題もきちんと冷静に議論する必要性はありますね。

 軍事施設は戦闘になれば攻撃されます。人家も近くにあれば住民も巻き込まれます。軍事評論は大いにすべきですが、住民の生活にも配慮した議論をお願いしたいです。

| | コメント (0)

2022.05.18

台湾有事と沖縄問題について

朝日新聞・南西諸島の防衛線_NEW
 朝日新聞2022年5月15日号の記事「台湾有事で南西諸島を戦場にしてはならない!」という記事には正直驚愕しました。文面にはこうあります。

「1番の問題は、戦争の引き金を引く米軍小部隊は南西諸島の島々に低空飛行で飛来して短期間滞在し高機動ロケット砲を下ろして中国軍を攻撃し、直ちに飛び去ります。」

「米軍と自衛隊は、沖縄や二本各地で、この遠征前方基地作戦(EABO)の共同訓練繰り返しています。この攻撃で日本は日米安保条約に基づき米軍の中国攻撃に同意したとみなされます。台湾有事を日本有事にするしかけです。」

 ゲームセンターでの「戦争ゲーム」ではなく、対中国戦争を前提とした沖縄南西諸島での戦争に外なりません。

 南西諸島や沖縄にはたくさんの住民が住んでいます。米軍の「機動力」は理解できますが、南西諸島は尖閣諸島にある魚釣島のような無人島ではありません。

 このような有事の場合、地域住民はどうなるのでしょうか?非戦闘地域へ避難するすべはありますか?伝え聞くところによると「避難方法」は検討されず、避難訓練もしていないとか。

 防空壕などが建設されているような報道も聞いたことがありません。

 77年前の沖縄のように「本土防衛の捨て石」にまたも沖縄を仕立てようとしています。

| | コメント (0)

2022.05.17

母が健康体にしてくれました。


 毎年1度の健康診断。2022年の特筆事項は「メタリックシンドローム判定が暇に予備軍から、非該当になった。」ことです。
検診クリニック2022年検診結果
 身体測定で2021年は腹囲が88・5cmであったのが、2022年は81・4cmとなり7・1cmスリムになっていました!!」これには自分も驚きました。

 
 相変わらずわき腹には分厚く見苦しい贅肉がついていますのに、9か月で改善するとは。BMIも24から23・4にかいぜんされていました。

 2年前は腹囲が86cmでした。85cm以上がメタリックシンドローム判定)(腹囲肥満)となっていました。
検診クリニック2021年検診結果
 昨年は2020年2月から早朝1時間のリハビリ・ウィーキングを始めて1年目。「効果は殆どない・やはりウィーキングだけでは難しい。」と落ち込んでいました。

 ところが今年は大きな成果が出ました。諦めず毎日歩き続けたことが大きい。それと母が今年1月14日に高知医療センターに救急搬送され入院した日より、お酒を飲むことを辞めました。家飲みも一切しませんでした。

 取引先との夕方の飲食会でも料理は食べましたが、お酒は一滴も飲みませんでした。それが大きいと思います。お酒はカロリー過多になりますから。

 母(96歳)のおかげで健康体になりました。ビールの一杯ぐらいは飲みたい気持ちはありますが、母の緊急事態はいつあるやもしれません。今後も飲酒はしないと思います。母のお陰で健康が維持できるので、それもよしですね。

| | コメント (0)

2022.05.16

雨の中の不燃物 資源ステーション

280884505_1428136024301077_2763950761238211502_n
2022年5月22日ですが、二葉町町内会(楠瀬繁三会長)の不燃物 資源ステーションが午前6時から下知コミュニティセンター前で開催していました。
280900705_1428135984301081_9169291477947013850_n
荒木三芳副会長(衛生委員)の指示のもと各班の班長さんたちが、手際よく仕分けをされていました。

地域コミュニュティ活動の要ですね。とても大事なことです。
281128940_1428135920967754_527227867301563431_n

| | コメント (0)

2022.05.15

沖縄返還から50年

okinawahenkan515
 今年は「50年」という節目の意識する出来事が続きますね。2月は「連合赤軍事件」から50年でした。

 5月15日は沖縄返還から50年です。実は家内は沖縄県出身。「知無どんどん」を一緒に見て沖縄について語ります。彼女は沖縄返還の前にパスポートを持参し首都圏の大学へ進学しました。
7be9ec5d
 日中国交正常化で50年目です。なにかと「悪者」になっている中国ですが、隣国です。仲良くしたいものです。

 沖縄は中国と対立をことさら煽り立てる人たちは、「前進基地」の様にいう無責任な人たちの言動が気になります。
3790642e
 義母が存命中に何時も言われていたのは「沖縄は軍事基地があります。基地があれば攻撃されるので怖いです。」と言われていましたことを覚えています。
okinawahaka1
 未だに米軍基地の存在は本島では過大ですね。悩ましい問題です。
53370843_618385055276182_518967250632310784_n

| | コメント (0)

2022.05.14

ドライスーツを着用すべし

tenkizu423-9zi
 北海道知床観光船の荒天下での沈没事故は痛ましい限り。春先の知床半島付近の強風と高波には、あの静水面用観光船では航海は無理でした。運行責任は厳しく問われないといけない。当日の天気図を見れば、私でも知床付近の海は大荒れになることぐらいはわかりますね。当日の出航は無理筋でした。

 もう1つは救難備品の貧弱さでした。値段の高さゆえに膨張いかだは搭載されておらず、救命胴衣ぐらいしか置いていない。荒天の海に投げ出されても浮いても低体温症で生き延びることは出来ません。沖縄・奄美・小笠原付近の海なら海水温が高いので、1日浮揚していても救命される可能性は高いです。
uminoieyasu208-1
 私は冬の帆走時にはドライスーツを着用します。下にヒートテック素材のアンダーウエアを着用し、ドライスーツを着用しておれば、冬の海の強風で操船ミスが起き、ディンギーが沈し、海へ投げ出されても寒さは感じません。

 私は操船が下手なので冬の強風時にはヨットは沈します。ドライスーツを着用すれば海へ投げ出されても寒くないので這い上がり帆走します。

http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-b0cfa4.html

 ドライスーツは首、両手首、両足首に生ゴムがついていて、着衣の中に水が入りません。ウェットスーツはその名のとうり中に水は入ります。
doraisu-tu
 ドライスーツメーカーに、ヘリーハンセンというところがあります。「HH」というロゴがついています。わたしも通販で購入しています。
kawakasi
 ヘリーハンセンというメーカーはノルウェーにあり、極寒の北極海で漁をする漁師のための防寒具やオイルスキン、ドライスーツなどを開発してきた歴史があるようです。

 http://www.fukudb.jp/node/5675

 大昔にアメリカを観光旅行した時にナイアガラ瀑布の観光遊覧船に乗りました。舟の中で合羽の上下を着用しました。理由は滝の下をくぐるときの水しぶきよけですね。

 夏はともかく4月末は北海道は寒い。観光遊覧船にドライスーツを観光客も乗務員も全員が着用し、最初から救命胴衣を着用しておれば、万が1の転覆・落水でも救命率は高いとおもいます。カッパもレンタルでしたがドライスーツもレンタルすればいいこといだけですので。

| | コメント (0)

2022.05.13

母の病状説明を聞きました。


2022年5月11日ですが、母(96歳)が4月21日から入院している細木病院の医療関係者(医師・看護師・理学療法士・作業療法士・管理栄養士・ソーシャル・ワーカー)皆様が集合し、母の現状を丁寧に説明いただきました。

 詳しい病状の説明は情報が多すぎますのでメモもとっていないので、どうだったか再現はできません。でも「悪くはなって」いないことが良くわかりました。

私は「まぐろ状態で介助が大変ではありませんでしたか?」と聞きました。」

「最初はそうでした。でも最近では1人介助でベットから立ち上がれるようになりましたし、歩行器を使えば10M程度は歩けます。」と看護士さんや理学療法士さんは言われました。

 どんな食事をペースト食でしているのかも丁寧に管理栄養士さんは教えていただきました。

「足のむくみの原因は1つではありません。腎臓や肝臓が悪くてもむくみます。お母さんはそれはないです。足のポンプが衰えて体液を上に上げる力が衰えてくると座っていると夕方足がむくみます。下肢蜂巣炎はほどなく完治します。」と主治医の先生も丁寧に説明いただきました。

 1人の超高齢者の母に対して、多くの専門家の医療関係者の皆様が真摯に対処していただいていることがよく理解出来ました。あとは母の生命力が応えきれるかどうかでしょう。あと1か月ぐらいで1月の入院前を100としたら60位まで回復いただいたら喜ばしいことです。あとは母の頑張り次第でしょう。

| | コメント (0)

2022.05.12

紙媒体・二葉町防災新聞5月号と防災スマホ講座

二葉町防災新聞2022年5月号_NEW
 この連休はしっかり休養させていただいています。4月29日から5月1日までの3日間。5月3日から5日までの3日間。7日と8日の2日間。しっかりのんびりさせていただきました。

 その間も通販のご注文はありました。在庫がなくなり6日に補充しました。宅配便センターにも休日に3回発送しに行きました。お電話で県外のお客さんと複数お話もしました。ご理解していただきました。

 3日は久しぶりに「海の散帆」で1日海に出ました。5日は2か月ぶりにスポーツジムへ行きました。体成分結果は良好でした。その日は103回目の献血もしました。
スマホ防災講座_NEW
 5月9日(月曜)の休み明けは、実質新年度のスタートですね。何もかにもがまたせわしくなります。11日(水)は母の入院している病院関係者と意見交換会をします。「激流」がまたまた始まりそうです。

| | コメント (0)

2022.05.11

映画「ひまわり」を見ました

ダウンロード
 久しぶりに映画館ではなく、昔BS3で放映されていたらしく録画で家内と一緒に見ました。

 51年前の映画ということでしたが、古さは感じられず、小さなテレビの画面に2時間見ていましたが、飽きることはありませんでした。名作ですね。

 学生時代に見た時の記憶は、卵を24個調理してオムレツを食べたことと、ロシア戦線でイタリア軍が敗走して主人公がウクライナの娘さんに助けられたこと。

 最後の方でイタリアに1人で行き再会する場面は記憶にありませんでしたが、長い月日と、お互いの家庭を考えれば別離は仕方がないですね。イタリア人女性もウクライナ人女性も逞しい。

| | コメント (0)

2022.05.10

体成分測定をしました。

体成分表2022年5月5日_NEW
 2022年5月5日ですが、約1か月半ぶりにスポーツジムに行きました。前回行ったのは3月21日の春分の日の祝日でした。

 会社はお休みさせていただいていました。月曜日でしたので母(96歳)を通所型デイサービスに送り出し、午後からスポーツジムでトレーニングをしていました。当日母がデイサービスで意識不明になり救急搬送されました。今年2回目の高知医療センターへの入院でした。

 病名は下肢蜂巣炎とか廃用症候群。足の症状は深刻で1か月間入院しました。4月21日に退院し、細木病院に転院しました。ようやく15日目になりました。元気に療養していると着替えを持参した時に担当看護士から聞いています。

 病状も安定しているようなので、3月21日以来のジムです。体成分分析をしていただきました。体重は増えていました。


体重  72・7㎏ →  74・1㎏  1・4㎏増加


BMI 22・8  →  23・3    0・5低下


体脂肪率 17・1% → 16・5%   0・6改善


筋肉量   56%  →  57・5%   1・5%増加


腹部肥満評価は変わりません。もう少し低下しないといけない。

 体重は増えましたが、「筋肉量が増え、脂肪量が減少。悪い傾向ではないようです。

| | コメント (0)

2022.05.09

113回目の献血に行きました。

献血健一
 2022年5月5日ですが、街中に行った帰りに高知血液センターハートピアヤマモモに行きました。113回目の献血になりました。
113_NEW
 私はA型の血液型ですがRHマイナス型です。A型でも0・5%しか日本人(というかアジア人は少ない)にはおりません。家内はA型のプラスです。子供2人はO型とA型のプラスなので、家族に献血できないし、私も家族からもらえません。
入り口
 いわば「希少血液」なので体調のいい時は年間3回400ML献血をしてきました。但し70歳が献血定年だそうです。私もあと1年と5か月の間しか献血できません。
看板
 献血風景の写真は看護士さんにとつて頂きました。あと数回以内で献血定年です。献血ができるということは健康であるということですね。「定年」まで病気や怪我をしないように努力します。
看板2

| | コメント (0)

2022.05.08

憲法記念日について考える

9zixyou_2kou
 5月3日の祝日は「憲法記念日」です。
ウクライナ戦争の様子が毎日テレビで放映されることもあるのか、最近は「憲法を変えよう」とか「憲法9条を廃止しないと侵略される」とかいう声が大きく聞こえますね。
kenpou1koufusiki1_3_1
 しかしその改憲論とやらを少し読んでみると「国民の私権を制限し」「言論の自由も制約し」「自衛隊を軍隊にする」「いつでも海外に派兵できるようにする」とかいうお粗末な内容に過ぎません。


 それを政権政党の自民党の一部の人達が言うのはおかしい。本来政権政党は「憲法を守り、平和な国づくり」をすることが本来のお役目ではないのかと思う、なんだかおかしい。

 あくまで私の私見です。

「日本が惨めな敗戦後77年間戦争に巻き込まれずにいたのは、日本国憲法のおかげではないのか。」

「日本国憲法より上位にある日米安保条約のお陰で、平和が維持されたのではないのか。」
日本国憲法1天皇sensousionaihon
「3年前に退任された上皇陛下は、天皇在籍中は戦没者を弔い,戦没者慰霊の旅を続けられました。象徴天皇制のお陰で平和が保たれたのではないのか。」

 とわたしはこの頃思います。
日米地位協定

 日本国がウクライナの様に敵性国家から軍事的な侵略をうけなかったのは何故なのか?冷静に考えるべきです。

 また「近い将来」に軍事的侵略を受ける可能性はあるのか?」「侵略戦争を仕掛けてくる国はどこなのか?」

 そのことを声高に「今こそ」憲法改正をと言い立てる人たちにお聞きしたい。


 それこそ憲法改正の議論は「東日本大震災」の後もありました。つい最近のコロナ禍のなかでも言われていました。そしてウクライナ戦争のおりにまた言われだしました。

 「底の浅い」憲法議論は辞めてほしい。時間の無駄。
それより何故日本国は77年間平和が維持されたのか?それを皆で真剣に考えるべきでしょう。

 
 そしてそのことは「屈辱的な」ことではないでしょう。いいことでした。「1人の外国人兵士を殺さず、1人の自衛官も殺害されませんでした。」これは輝かしいことであるとわたしは思います。

| | コメント (0)

2022.05.07

父の墓参りに行きました。

nisimurahaka1
 2022年5月4日ですが、父(2018年5月12日没)の墓参りに家内と2人で行きました。母は入院中で参加できませんでした。連休は道路が混雑しているので墓地公園も心配していましたが、意外にも空いていました。
titi meinitihyouziohaka banchi
 3月のお彼岸は母(96歳)が、2回目の入院したりしてせわしくいくことが出来ませんでした。お墓周りの落ち葉を拾い、墓石も水洗しました。墓地公園は高台にあるので風が吹いてす涼しいです。
keiko
 息子夫婦も参加しました。生花を持ってきてくれました。墓参後家内が「高知アイスへ行きたい。」とリクエスト。聞くとその昔「鶴米の番組」で」登場したそうですので。本川や仁淀川町へ行く途中見かけたことはありました。
kenichi
 息子たちに先導していただきお店へ行きましたが、予想どうり満杯。テイクアウトしました。暑かったので美味しく頂きました。渋滞した道路を戻りました。戻って広島VS巨人戦を見ています。家内は元祖カープ女子ですので。

| | コメント (0)

2022.05.06

地元の絶好調の企業

日本高度紙2022年最高益_NEW
 高知新聞2022年4月27日号に『高度紙最高益29億円」「3月期車載・産業機器向け好調」との記事が掲載されています。

 記事によりますと2022年3月期の連結決算では「車載向けや産業機械向けのセパレータ^(絶縁紙)が好調で無栄上げ高は前期比13・5%増の180億7千万円、純利益は45・5%増の29億1800万円となり、ともに過去最高だった。」とあります。

 日本経済のデフレ傾向や、コロナ過での経済縮小の流れに抗して史上最高の売り上げと利益を上げている企業が高知になるだけでも誇らしい限りですね。

 ウクライナ戦争の営業での石油関連製品の上昇やエネルギーコストの増大、円安基調による輸入原料の高騰などがありますが、来期も売り上げは5・1%増の190億円、純利益は10・9%減の20億円と予想しています。

 原材料やエネルギー価格の値上げも見込んだ見通しが明るいようです。

| | コメント (0)

2022.05.05

荒天時の出航は無謀でした


tenkiziu423-21zi
観光遊覧船沈没の日(2022年4月23日)の天気図を今見ても荒天になることは、海の関係者ならだれでも理解できるはずです。

寒冷前線があり、等圧線の間隔も狭く知床半島付近は北西の風の強風が吹きそうなことは私でもわかります。海で仕事している人やわたしにように海で遊ぶ人間でも天気図を見ればわかるはずです。

当日私であれば船は出しません。返す返すも痛ましい事故です。

| | コメント (0)

2022.05.04

坂本茂雄県政かわら版68号

坂本茂雄県政かわら版68号ー1

地域代表である県議会議員の坂本茂雄さんが、先日『坂本茂雄県政かわら版68号』を歩いて配布されていましたので1部いただきました。

 68号は県議会2月定例会の報告記事でした。

 1面は県の一般関係予算の解説をされています。県議会の2月定例会は、2月22日から3月23日までの開催。一般会計総額で4820億円5800万円(前年度比4%、185億⑦千万円の増額が賛成多数で可決されました。

 コロナ対策の施策の充実を坂本茂雄さんは主張されています。県議会で「おかしげな」意見書が自民党と一燈立志の会の出されていました。「憲法改正の実現に向けた国会審議の促進を求める意見書」が出され賛成多数で可決されたことです。

 きちんとした冷静な議論をすっとばかし、憲法改正が万能薬のように吹聴する自民党会派の主張は無理があるしおかしい。
坂本茂雄県政かわら版68号ー2坂本茂雄県政かわら版68号ー3
 2面と3面は坂本茂雄さんの代表質問でのやりとりが掲載されています。代表質問は多岐にわたっています。

「新型コロナウィルス感染症対策について」「ほけに両対策の強化について」「憲法における緊急事態乗降の創設について」
「第5期南海トラフ地震対策行動計画(案)について」「避難所の確保と整備について」「事前復興のまちづくり計画の策定について」などです。

 坂本茂雄さんは、地域防災活動も日々実践していますし、地域のお世話役もされておられますので、南海トラフ地震対策の舌鋒は鋭いものがありますね。

 L2地震で高知県下で必要な住宅は7.7万戸ですが、未だに救急可能戸数は3・1万戸にとどまっています。(数年前は2・3万戸)。進展が遅い。(静岡県は100%確保済み)

 4面は関連して「特別支援学級の防災体制の拡充について」についての関連質問もされています。
坂本茂雄県政かわら版68号ー4
「重症心身障碍児の虐待疑い事例の対応について」や「高齢者の運転免許自主返納後の課題と対策について」も大事な問題です。

 高知県事前復興まちづくり計画策定指針の議論では、ちょい浮き浸水対策や高台移転や具体的な対策の深堀はされているようにはない。

 市町村は県の議論以上のことは「絶対にしない」ので、下知地区の事前復興まちづくり計画も県がスルーしたまま「見える化」することなく終始しますね。これでは。なんともなりませんね。

| | コメント (0)

2022.05.03

一日海で遊びました。

DSCN2450
 2022年5月3日(憲法記念日)ですが、家内の許可が出出ましたので8時半に出発して香南市夜須のハーバーへ行きました。

 4月9日以来1か月ぶりの海の散帆しました。前回は「風が弱く」今一つでしたが、5月3日は程よく強い風が吹きました。
DSCN2453
 気温もたぶん20度位でしょう。涼しいし、海の上ではウェットスーツで丁度です。まだまだ海水温は低めですから丁度です。


 慎重にぎ装(ヨットの組み立て)をしました。風がつよい場面もあり、マストを立てるのにやや苦労しました。1人でその作業が出来なくなれば「引退」ですから。まだまだ出来ることを確認しました。
DSCN2459

 ウエットスーツに着替えて海に出ました。海上は予想以上に風がつよく,風波でローリングするので海上での撮影はほとんどできませんでした。


 連休中で最高のお天気でしたが、ハーバーは「貸切」状態でした。高知大学ヨット部の学生たちが数艇ぐらい海へ出たくらいでした。
DSCN2467
 午後から大﨑修二さんが海へ出ました。午後は風が一段と強くなりました、沈しないように帆走することで精一杯でした。


 ハイクアウトも何回もしたので、全身筋肉痛ですね。海からたくさんエネルギーをいただきました。連休明けは公私ともにせわしくなるので充電させていただきましたので、たぶん乗り切れるとは思います。


 大自然相手の遊びは、緊張します。必死で沈しないように帆走っしますので、着艇しますと頭がシャックルされ、首肩の凝りもなくなり、目の疲れも治ります。

 
 月に1回ではなく、週に1回は海の散帆をしたいと思います。

| | コメント (0)

脱プラスチック社会の空しさ


脱プラスチック記事417
 高知新聞2021年11月17日号の記事は「脱プラスチックも不可避」という東京農工大学教授高田秀重氏のコラムを読みました。古新聞をストックしたなかで目を引いた記事でした。

プラスチックごみを燃やして発電用にする「サーマルリサイクル」は間違いと断じる。日本ではプラスチックごみの7割が焼却されているとか。

 リサイクルに取り組んでいる企業も多い。セブンイレブンなどが販売したプラスチック製品を店内で回収してリサイクルしているぞと「大々的に宣伝」しています。そんなに偉いことなんだろうか?当たり前のことで宣伝すること自体が気恥ずかしい限りです。

 高田氏はこう言われています。

「リサイクルするよりも、社会全体のプラスチック使用量を減らす「リデュユース(削減)が何より重要で、なによりそれが何より重要で、それが脱酸素に繋がる。

 使い捨てではない金属やガラスなどの容器の「リユース(再利用)」重要で、新ビジネスも芽生えている。」

 高田氏は知らないのだろうか?40年くらい前の日本社会は、ほぼ完ぺきな「リユース社会」であったことを。

 お酒やビールやジュースなどは瓶で販売されていました。飲料後は回収され、メーカーは瓶を洗浄し。再利用していました。

 父の時代ではうちの会社は塩酸などを地方の清涼飲料水メーカーに販売していました。それは瓶を洗うための工業薬品でした。酒造メーカーにも大量の塩酸が販売されていましたね。

 それが30数年前から当時の通産省、今の産業経済省が「ワンウエイ容器の利用促進」を提唱し、積極的に飲料メーカー、醬油やソースメーカー、酒造メーカー、ビール会社に働きかけました。

 瓶はペットボトルや紙パック容器やアルミ缶容器になりました。つまり1回使用するたびに使い捨て(ワンウエイ)を政府が提唱したのです。

 メーカーは回収する手間暇がなくなり大幅なコスト減になり収益増になりました。一方で使い捨て容器はすべてゴミになり、全国各地の自治体財政を圧迫しています。


 当時は政府が経済優先で環境破壊をしていました。今更@何だ」と言いたいですね。「新ビジネス」なんてものではなく、完璧なリサイクル社会を破壊した責任を政府はとるべきであると思いますね。

| | コメント (0)

2022.05.02

二葉町町内会2022年総会

278981373_1412897229158290_4521247798067037968_n

2022年4月21日に下知コミュニティセンターで二葉町町内会(楠瀬繁三会長)の2022年度総会が開催されました。
278931914_1412897785824901_1384836099014950202_n
楠瀬会長の挨拶の後、議事は令和3年度事業報告と決算報告、令和4年度事業計画と収支予算が、楠瀬会長から提案され、承認されました。
279066422_1412897605824919_2851466041327475337_n
「二葉町防災世帯調査の実施する」ことが承認されました。町内会各班ごとに調査表を回収します。4年ぶりの調査です。
279000123_1412897449158268_4497435683542820146_n
また防災会からは「スマホ活用防災講座」の説明がありました。

| | コメント (0)

2022.05.01

YASU海の駅クラブ付近。ヨットハーバー付近 津波からの高台避難

ヤッシーパーク付近の標高図_NEW
 こちらの津波避難場所は国道55号線をひたすら登坂し、手結山付近の津波避難場所を目指します。

◎結論

 大津波警報が発令されたら20分以内に陸地に到達して高台へ駆け上がらないと助かりません。
ha-ba-

 帆走海面を東は大手の浜付近、西は岸本海岸テトラ付近と定め、岸の近くを帆走すべきでしょう。

 私の海の散帆は原則単独行動。救命艇は近くにはいません。
zibun yact
次回は実際に自分のヨットで着艇し、どれくらいの時間で指定された高台へいけるのか、実測しなければいけない。

| | コメント (0)

«手結港周辺の高台避難