2018.04.20

IT巨人企業は超国家的存在

日経記事・IT人工頭脳_NEW_R
 GAFA(グーグル・アップル・フェイスブック・アマゾン)の合計売上高は10年で7倍に膨張しています。社会的な影響力が増しており、米国では玩具販売大手のトイザラスが通販のアマゾンの影響で破産してしまいました。

 2018年4月6日の日本経済新聞1面の記事は気になりますね。「データの世紀始まった攻防 膨張するIT巨人 新たな「独占」との戦い」とあります。

 既に検索エンジンが随分前から「カスタマイズ」されていましたが、より大がかりな個人のし好に特化した広告の提示は確かに不気味です。

 独裁者が国民の監視に利用できるし、何らかの規制をしないと大変な事態になります。「自分で物事を考えること」が「危険思想の持主である」と独裁者が認定して、抑圧社会を形成することだって可能になりからです。

 必要以上の影響力をGAEAが持たないように社会全体で監視し、場合によっては解体する必要もあると思いますね。

 そのなかでもフェイスブック(FB)は、情報管理がルーズ。膨大な個人情報が流出し大問題にうなりました。
日経記事・FBの情報流出_NEW_R
FBは今後存続できるのだろうか?

 全世界で26億人が利用していると言うFB。大量の個人情報が流出し、創設者のサッカーバード氏は釈明に追われています。

 なんか自分たちの想定以上に利用者が増えシステムが「制御不能」になっているようですね。弊害も大きいようですが、「効用」も大きいとは思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.19

桂浜へ行きました


桂浜_R
 今日は県内を巡回していました。丁度昼食時に、高知市桂浜近くにいましたので、桂浜へ行きました。今年は3月3日の地区防災計画学会・高知大会」の翌日に下知見学の後桂浜に行った以来ですね。

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/cat73038353/index.html

 最高のお天気でした。海が良く映える。「龍馬像に大接近」というイベントをやっていて、坂本龍馬像の高さと同じ高さのやぐらに上りました。
龍馬像_R
 アイスクリンを食べながら桂浜を散策するのはいいものですね。
アイス_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父・いずみの・419


titi419-1_R
 昨日と今日は仕事がせわしく、昨日は父(98歳)の病室へは行けず、今日も5分程度位しか滞在出来ませんでした。看護士に聞きますと「ご飯は8割ぐらい食べました。便もよく出ています。ただその後嘔吐しました。今検査をしています。」とのこと。
 titi419-3_R
 今日は安静にした方がいいと思いました。超高齢者の健康回復はなかなか難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良質・真摯な日本人の代表

DSCN4117_NEW_R
 天皇制については、賛否両論があることは理解しています。しかし私は今上天皇陛下後0夫妻の2018年3月27日から29日までの沖縄訪問に関する朝日新聞4月3日号の記事を讀んで「1番真摯で、本気で平和を祈願する良質な日本人代表」であると思いました。

 皇太子時代から11回目になる沖縄訪問。皇太子時代の1975年は、南部戦跡のひめゆりの塔で潜んでいた過激派活動家に火炎瓶を投げつけられました。「それでも「長く心を寄せて行く」と訪問を続けた。」(朝日新聞記事)
天皇沖縄朝日新聞_NEW_R
 1面記事の朝日新聞には、こう見出しがあります。「「平和を願う 沖縄の地で」「寄り添い続けた平成流 次代へ]「和らいだ歴史のわだかまり」。です。まさに真摯な平和を真底祈願する姿勢と態度が「沖縄と本土との間にある歴史のわだかまり」を少しづつ解消してきたのであると思いました。
天皇沖縄訪問1_NEW_R
 2000年以降の自民党「清和会」系の政権は、沖縄に関して冷淡で、無関心。不要な発言も多い。辺野古基地建設など強引で強権的。それに引き替え今上天皇の平和への祈願は本物です。誠意があります。

 本来なら日本国首相や政府閣僚は、今上天皇の行動や沖縄に対する真摯な態度を見習うべきです。現実は沖縄の人達の想いに、心を寄り添うことはなく、強引・強権で推し進めようとしています。

 沖縄だけでなく、サイパンやパラオ、などの海外へも出かけ、先の大戦での戦没者の慰霊を行われました。日本人だけの慰霊だけでなく、敵国兵士や現地の人達の慰霊もされました。本気で平和を祈願されています。
沖縄への想い1_NEW_R
 日本の政治家は「うわついた戦争賛美」などせず、今上天皇を見習い、真摯に平和を祈願すべきです。つくづくそう思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.18

お粗末な原発再稼働

玄海原発故障_NEW_R
 2018年3月31日の高知新聞記事。「玄海3号機蒸気漏れ」「再稼働1週間発送電停止」との記事は大きな扱いの記事ではありませんが、事態は深刻です。

 「世界で1番厳しい審査基準で検査し、合格した。」はずの九州電力玄海原発3号機です。それがこの体たらくはどうしたことなんでしょうか?平時でこのざまであるならば、大地震や噴火や大津波の非常時ではまず「安全性は担保」できないでしょう。

 日本は災害大国です。世界全体の大地震の20%がこの狭い日本国で起きています。世界の活火山の4分の1は日本で起きています。地震・津波・噴火。大雨・大雪・台風ととにかく日本は災害が多い。

 そのうえに原発と言う災害にとても弱い制御不能な危険な設備を稼働することは間違っていると思います。未だに福島原発が安倍首相の言われるように「アンダー・コントロール」できていないのは、世界は皆知っていますから。

 森友学園事件や公文書の改ざん事件で官僚機構の破たんも見苦しい。今度は防衛相の「隠ぺい」工作が明るみに。やはり安倍内閣は「統治能力」が劣化してますね。なにが1番いけないかと言えば、ことここに及んで災害大国日本で原発を稼働することが1番いけない事であると私は地域の防災を担う住民の立場で申しあげたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.17

父・いずみの・417

 2018年4月17日ですが、仕事がせわしく合間に少しだけ父(98歳)が入院しているいずみの病院へ行きました。今日は入浴したらしく、バスタオルが洗濯物として出ていました。
DSCN4322_R
 介護師が来られてオムツを替えました。午後3時過ぎに栄養補助食品のゼリーが来ました。今回は「トーフ味」です。ベットを起こして、スプーンで1口1口食べさせました。完食しました。お茶が飲みたいと言いますので、看護師に依頼し、とろみのあるお茶を持って来ていただきました。

 週刊誌を読みたいと言いますので読めるようにしました。少しずつ回復しています。今日は写真が少ないです。
DSCN4323_R
ところで横山賢二さんがいずみの病院1階ロビーで開催されている「大野長一絵画展は4月18日までの予定でしたが、25日まで延長開催となりました。

http://dokodemo.cocolog-nifty.com/.../2018/04/post-660b.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母(92歳)は歯医者へ行きました。


DSCN4320_R
先週歯磨き中に詰めてある歯が取れました。今日歯医者へ行き掃除をしていただき、新たにプラステック製の詰め物をしてもらいました。
DSCN4321_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モバイル・フレンドリー


DSCN4163_R
 最近慣れ親しんだガラケーからスマホに変えた「とても出遅れた」私です。大きな理由は、「すでにGoogleはスマホに対応しないホームページを差別し、検索上位にしないらしい。」と言う情報を聞いたからです。毎日時間に追われるのでスマホの操作を覚える時間がありません。そのうち慣れるとしか言えないです。

 確かにこの1年から2年、スマホユーザーからの問い合わせが増えて来ていました。電話でこちらはパソコンの画面でホームページの説明をしていますのに、お客さんはしばらく沈黙が続きまりました。ありました!!」っていう現象が何度もありました。

 村上肇さんに「モバイル・フレンドリー」という判定方法Googleがやっているからということで。ためしにテストしますと「モバイル・フレンドリーでない」との判定が下されてしましました。スマホでもPCでも対応できているHPは「モバイル・フレンドリーです」との合格表示がありました。
モバイル・フレンドリー
 なんとかしないといけないとあがいております。GoogleはすでにモバイルとPCの2つの検索エンジンを運営しているそうです。ある日突然先方の都合でPCの検索エンジンが廃止になる可能性もありますから。何より怖いのが「Google村八分」ですね。

 WEB上に存在しないことになります。中国の検索エンジンでは「民主化」とか「6・4天安門」と検索エンジンに入力しても表示しない。その言葉は存在しません。と表示されるようです。「この世に存在しないと同じ」という情報化社会は辛いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.16

大野長一絵画展を見ました


横山さんコレクション展・いずみの_NEW_R
 父(98歳)が、3月29日から入院しているいずみの病院。その1階ロビー内の炉特設会場にて「絵の詩人・大野長一絵画展」(主催者・横山賢二氏)が開催されています。4月18日までの予定です。

 父の見舞いの帰りに絵画を見ました。風景画ですが、油絵でありながら日本画タッチ。絵画に作成者の自己主張がなく、淡々と描かれています。作品を鑑賞して癒されました。
DSCN4306_R
 作者の大野長一氏(1908年~1996年)は教育者でした。長年教育者であり、養護施設の園長もされていました。人柄から「土佐の良寛」とも言われていたそうです。良寛は多方面の才能があったアーティストでした。大野長一氏も40代から仕事の合間に洋画を描き始めたようです。半世紀にわたる作画で技量を会得したようですね。
DSCN4314_RDSCN4307_R
 主催者の横山賢二さんは、その昔あるスポーツジムでご一緒していました。それこそ20年ぐらいお会いしていませんでした。大野長一さんの人柄に惹かれ、3年間「かばん持ち」をされたとのことでした。

 今回は横山さんのコレクションの1部を見せていただきました。

 無芸大食の私には絵心はわかりません。でもどの絵も丹念に淡々と描かれていて眺めていて飽きません。病院へ来られる外来患者や、入院患者や家族を癒しているようでした。
DSCN4312_R
 なんか心が落ち着きました。

「絵の詩人 大野長一絵画展」いずみの病院1階ロビー内特設会場

 2018年4月18日(水曜日)までの開催です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父・いずみの・416


DSCN4302_R
 2018年4月16日(月)ですが、午後3時過ぎから父(98歳)が入院しているいずみの病院へ行きました。行くとベットにはいません。共用スペーズへ行きますととろみのついたお茶を飲んでいたところでした。
DSCN4303_R
 ひと休みして車椅子から立ち上がり平行棒で歩行の練習をしました。まだまだ歩行は力強くはありません。「廃用症候群」からの脱出はなかなかですね。

 愛読書の週刊現代をベットで読めるようになりました。
DSCN4305_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震列島・火山大国日本では原発稼働は無理

fukusimagenoatuhigai
 2011年3月11日の東日本大震災で福島第一原発は大きな被害を出しました。その放射能汚染図の版図を四国にあてはめますと、伊方原発が事故したら、即高知県の大半は放射能汚染されてしまいます。伊方原発は老朽化が酷い1号機、2号機は廃炉にし、プルサーマル発電を行う3号機を稼働させるようですね。
伊方原発危険1_NEW_R
 食材の宅配を週に1回お願いしている先こだわりコープ(コープ・自然派)。先日の資料の中に「もしも伊方で事故があったら」というパンフレットが同封されていました。

伊方原発危険4_NEW_R
 もし伊方原発で事故があれば、高知の野菜や果物、水産物は出荷停止になるでしょう。観光にも大打撃です。水源地も放射能汚染され、豊富な高知の水資源は飲料水としては飲めなくなるでしょう。

 また「これほど危険な原発は世界中どこにもない」ということで岡村眞高知大学名誉教授が言われています。その理由は「伊方原発は中央構造線のすぐ近くで直下型地震が起きれば耐えられない」「制御棒が短い時間では間に合わないので正常に運転停止できない。」とのことです。
伊方原発危険3_NEW_R
 「再生可能エネが世界潮流」とも書かれています。高知県は太陽光、風力、」水力、木質バイオマス発電が可能です。今でも梼原町は町内の電氣消費の80%は再生可能エネルギーでまかなっています。
伊方原発危険2_NEW_R
 火山大国日本は地熱発電と言う巨大な資源があります。未だに福島原発の廃炉作業も順調にいってはいません。それなのに安倍政権は国内の原発を「何事もなかったかのように再稼働し、あろうことか海外へ輸出しようとしています。安倍政権の1番いけないところは、今なお執拗に原発稼働をこの地震大国。火山大国日本で推進していることです。
週刊現代。北朝鮮1_NEW_R
 地震大国・火山国の日本では原発の稼働は無謀です。原発災害には通常の防災対策では全く歯が立たないのですから。日本が滅亡しないためには原発をただちに廃炉にすべきです。ただちに廃炉にしても処理には30年以上かかります。その間に南海トラフ地震が来ない事を祈ります。
kyodaisizinsingeneria

ikatagenpatuzenkei_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.15

父・いずみの・415


DSCN4288_R
 2018年4月15日(日)ですが、父(98歳)の面会に、母(92歳)と家内と3人で行きました。行くと父はうつらうつらしていました。聞きますとご飯は自分で食べたとか。
DSCN4287_R
 母と少し話をしました。母と握手をしました。やはり「廃用症候群」になりますと超高齢者の場合はなかなか回復が難しいです。
DSCN4292_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片付けの1日でした

朝の天気は荒天気味でしたので、今日は1日片付けをしていました。混乱状態が半分は解消できました。

 いいこともあるもんでなくしていたと落ち込んでいましたが、家の鍵がひょっこり見つかりました。
DSCN4286_R
 4月5日の献血[101回目)のおりの検査結果が郵送されてきました。数字は悪くはないようです。献血できるうちは健康であるということですからよしとします。

 今から家内と母と3人で父の面会に行きます。それから家内は友人と夕方映画を見て食事をするとか。今晩は母と夕食を食べ寝かしつけないといけないですね。
405健一血液検査_NEW_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月の二葉町内会・資源・不燃物ステーション

 3月で町内会の「資源・不燃物・仕分け当番」が終わりました。昨年4月からの1年間は当日は早起き(午前6時集合)しなければならず、特に1月から3月の早朝は寒いので辛いものでした。今日は「当番開け」なので気楽にわが家の資源・不燃物を下知コミュニティ・センター前の仕分け場へ持って行っています。
DSCN4205_R
 荒木三芳二葉町町内会副会長の指示のもと、当番の各班の班長や、当番さんたちが手際よく「仕分け」しています。「高知方式」の仕分け・ステーション維持は実は大変です。地域コミュニティの核事業の1つです。
DSCN4203_R
午前6時前にステーションに行きましたが、皆4月になりますと出足が早い。多くの町民が不要になった家具やビン・缶類や新聞・雑誌・段ボール・家電製品などを持ち込んでいます。仕分け当番の指示で整然と決められた場所に仕分けされていきます。
DSCN4206_R
 こういう「技術」や「コミュニティ」は大災害時の「避難所・開設」訓練などにも応用されていくものと思われます。「二葉町町内会のコミュニティ力」は大事にしないといけないですね。
DSCN4207_R
 今朝の事務所の気温は17・6度、湿度は43%。暖かいです。天気図は「西高東低」ですが、高気圧が移動性になるようですので「温厚な」1日になりそうです。でもすぐ後ろには気圧の谷が出来るようで、あろうことか週末の土日は雨模様であるとか。「海の散帆」には行けそうにもありません。ストレス溜まりまくりです。
DSCN4208_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.14

米軍が最も恐れた男~その名は、カメジロー~ を見ました。


愛宕劇場2
 2018年4月14日(土)は、1日雨模様でした。早朝の五台山市民農園の草引きは出来ましたが、午後になると雨が降り出しました。沖縄出身の家内の薦めもあり、高知市愛宕劇場にて「米軍が最も恐れた男~その名は、カメジロー~ 」(佐古忠彦初監督作品)を家内と2人で観賞しました。
1カメジロー9_NEW_R
 「瀬長亀次郎」氏はとても有名な人。戦後史の沖縄には欠かせない人物です。でも詳細は良く知りませんでした。佐古忠彦監督は、TBS系のニュース23のキャスターでもあり、TVで見ていました。「雨が降るから映画でも見るか」という軽い気持ちで行きました。
1カメジロー7_NEW_R
 いつもはなかなか席が埋まらない事の多い愛宕劇場ですが、何故か100人以上が入場しています。顔見知りの政党関係者もいましたが、学生の姿もありました。下村さんご夫妻にも会いました。さほど宣伝はしていないのに初日の出足は好調のようです。
1カメジロー6_NEW_R
 「不屈」を座右の言葉にしている瀬長亀次郎氏。ごりごりの活動家と思いきやさに非ず。とても人間的な魅力にあふれ、包容力があり、時に敵対する立場の人達も包み込む器の大きな人でした。

 沖縄にはガジュマルという木があります。どんな嵐が来ても根を張り倒れない。まさにガジュマルのような人物でした。沖縄の人達から「カメジロー」と呼ばれ、演説をすれば、たちまち何万人と言う人が集まるとても動員力のある人でした。
1カメジロー112_NEW_R
 先の大戦で沖縄は「捨石」にされ、県民の4分の1強が凄惨な地上戦で命を落としました。敗戦後も沖縄の苦悩は続きます。日本から施政権は切り離され、米軍に統治された沖縄でした。米軍は本気で日本から沖縄を切り離し、直接統治するつもりでした。

 強引に土地を接収し、軍事基地にしていきました。普天間海兵隊基地がある付近は、沖縄では有数の水田地帯でした。米軍は突然現れ、重機で住民の家屋を破壊し、水田を埋めてしまいました。まさに植民地支配そのものでした。

 また当時は東西冷戦時代。米軍は瀬長亀次郎氏を「危険人物」としてマークし、影響力をなくすためにあらゆる謀略や不法行為を仕掛けて来ました。悪宣伝を繰り替えしましたが、そのことが逆に瀬長亀次郎氏の主張の正しさの裏付けとなり、賛同する沖縄の人達は、どんどん増えて行きました。
1カメジロー3_NEW_R
 映画は瀬長亀次郎氏の活躍した時代の映像を、活用し、記録資料や公文書などから当時の米軍との戦いの姿丹念に描いていました。

 私心がなく真摯な人柄は、保守・革新の枠を超えました。今でいう「オール・沖縄」の元祖の人物でした。施政権を米軍が独占。その米軍統治に真っ向から反対し、立ち向った先駆者でもありました。

 生涯における戦いの日々は、まさにインドのマホトマ・ガンジーや南アフリカのネルソン・マンディラのような不屈な人たちと同じです。偉大な人が日本にもいたんだという感動がありました。

 映画終了後、佐古忠彦監督の挨拶がありました。
舞台挨拶
「何故沖縄は声を上げ続けるのか。一方で沖縄に無関心な本土の人達は沖縄の戦後史を全く知らないのではないか。沖縄から世界が良く見えと言われますが、瀬長亀次郎と言う人物に焦点をあて、そこから沖縄の戦後史を見て行くことで、沖縄と本土との溝が埋まるのではないか・。そう思いました。」と言われました。

 映像で見ましても瀬長亀次郎氏の演説は迫力があり、気さくて、ユーモアがあり、方言丸出しで偉ぶらない。変な横文字を一切使用しませんが、沖縄の本土への復帰、平和な社会、米軍基地の縮小を切々と淡々と持続的に訴え行動する瀬長亀次郎氏を、米軍は真底恐れ、ついに直接統治を諦め、1972年に施政権を日本国に返還しました。

 しかし未だに米軍基地の大半は沖縄にあります。何故本土に少なく、沖縄に集中しているのかが映画を見て改めて理解が出来ました。是非観賞をお薦めします。きっと世界観が変ります。

 高知市愛宕劇場では、4月14日から4月27日(金)の予定で上映しています。全国各地でも上映されています。

http://www.kamejiro.ayapro.ne.jp/#header1(公式ホームページ)

 公式ガイドブックを購入し、佐古監督にサインを頂きました。握手もしました。
監督

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父・いずみの・414


DSCN4280_R
 2018年4月14日(土曜)は午後から雨になりました。今日は家内と2人で父(98歳)の面会に行きました。担当の看護士に様子を聞きましたが、特に変わったことはないとの事でした。ゼリーが午後3時に配布されましたので、家内がベットを起こして食べさせました。
DSCN4283_R

父。ゼリー413_NEW_R
 担当のPT(理学療法士)が来られたのでリハビリの様子を聞きました。
「まだ口からの栄養補給が十分とは言えません。それゆえリハビリも負荷をよりかける(歩行訓練)などが十分に出来ません。座位を保ったり、食事も座って摂取するとことから重点的にしています。」とのこと。
DSCN4284_R
 やはり口から食物が食べられて、胃腸で咀嚼され消化吸収されてはじめて体のエネルギーになります。前回も指摘したように、約80日の「寝たきり生活」は足腰の身体機能低下だけでなく、のどや気管などの嚥下能力の低下もたらせました。無理のない形でリハビリすれば回復するめどはたちますね。問題は腎機能が耐えられるかどうかですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どん曇りから雨のお天気に

 今朝の高知市は今朝は日差しが弱く、ほどなくどん曇りに。天気図では移動性高気圧が東進し日本から離れ、黄海付近の低気圧が前線を伴い発達しながら東進するので、この週末は雨模様とか。なんとも残念です。
DSCN4257_R
 それゆえ今日は五台山市民農園へ行くスタートが遅れました。途中の三石の五台山農協婦人部の良心野菜市で、横田さん、大崎さん。福谷さんが待っていてくれました。小松菜を買いました。
DSCN4260_R
 市民農園ではもっぱら雑草引きですね。ジャガイモも大きくなっています。原池さんが来られ、植えてあるオオナをいただきました。煮込んで炒めたら美味しいそうです。
DSCN4262_R
 果樹園に横田さんが持参したござを敷いていました。雑草対策です。わたしは母(92歳)のディサービスの送り出しのため早退しました。他のメンバーはタケノコ調査に行きました。
DSCN4263_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大変遅れてスマホを購入しました


DSCN4122_R
 私は世の中の流行を追いかける人間ではない。良くニュースでIフォーンが発売されたと聞くや前日から行列され買い求める大勢の「先駆者」がおられます。

 私の場合は、しっぽの尻尾ですね。「ロングテール」です。W10もW7対応のオフィスを来年更新しないことが確定。W7も2020年で更新しないことを公表してますので、やおら動きました。

 スマートフォンも買い替える気は全くなかったし、必要性も感じていませんでした。今回会社のHPをスマホ対応型にしようと思い立ちましたので、やむなく買いました。ガラケーも名残惜しいです。電話とメールしかしないので、ガラケーで十分でした。

 今日基本的な操作をならいましたが、その後金融機関へ行ったり、父(98歳)のン病院へ行ったり、かかりつけ医の先生に報告したり、ケアマネさんに報告したりしていると忘れてしまいました。

 そういえば「回転寿司」にも行ったことがありません。とにかく「流行」にはさほど関心がありませんから。

 スマホはいフォーンかアンドロイドかに迷いました。「防水機能がある」というのでアンドロイドにしました。海の散帆に必要ですから。なかなか使いこなせないでしょう。W10のPCにも慣れていません。

 おいおいに取り組んでいきます。慌てませんし、焦りません。既にスマホを使いこなしている友人・知人に皆さんにあれこれ言われるでしょうが、私自身に「処理能力」がないのですから無駄であると思ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.13

父・いずみの・413

 2018年4月13日ですが、午後は母(92歳)が、はりまや橋サロンへ行き、その後主治医の横田胃腸科内科へ行きました。それからいずみの病院へ行きました。
DSCN4251_R
 言語聴覚士がお話があると言いますので説明を聞きました。昨日の嚥下テストです。レントゲンで飲み込み具合を動画で見せていただきました。結果は呑み込めない訳ではないが、飲み込む力が悪いとのことでした。

 でも訓練をすれよくなるでしょうからとのことでした。テストではいきなり刻み食や一般食を食べたそうです。普段の食習慣に沿ってということで、いきなりご飯を食べたそうです。呑みこむのに苦労していたとか。約80日間の寝たきり生活、口を使わない生活でしたから「食べる筋力」も足腰同様に衰えていたんでしょう。
DSCN4255_R
 よくリハビリで運動をして、体を活性化し、食べる前は先に水分を摂って喉を潤してから食べるようにすれば、だんだんと食べられるようになりますよ。

 父は「家に帰りたい」と言います。「帰りたかったら、よくリハビリして、よくご飯も口から食べて元気になれば帰れる。今のままでは帰れん。トレーニングしたら帰れるきに」と言いました。

帰り際に知人のMさん宅へ寄りました。1年ぶりの訪問でした。そしたら「昨年6月に逝去しました。身内も皆県外でしたのでお知らせしませんでした。」とのことでした。同年配でしたのでショックでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母は横田胃腸科内科へ行きました。


DSCN4244_R
 母(92歳)は、はりまや橋サロンの後に、自宅へ戻りトイレを済ませて主治医である横田胃腸科内科へ行きました。父(98歳)が入院していますので、2月からは母1人での診察となっています。
DSCN4245_R
 「血圧は130-70です。血圧脈拍も異常はありません。」と横田哲夫先生です。母は臓器の異常も何もなく健康体です。10年前からアルツハーマー型認知症ですが、劇的に悪化したわけではなく、自宅で同居しています。私もおかげで随分気長くなりました。
DSCN4246_R
 薬を調剤薬局で1か月分処方していただきました。
DSCN4247_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«母・はりまや・413