2016.08.24

介護予防通所リハビリ5周年とか


_new_r


2_new_r


3_new_r

 2011年9月に両親は介護認定を受けました。担当ケアマネージャーの下村恵子さんに、介護予防通所リハビリ施設・ジョイリハ・高須を紹介していただきました。当初は週に1回の通所でした。

 現在も超高齢者の両親(父97歳・母90歳)と同居しています。自宅の面積は狭いので、茶の間や台所や浴室は2階にあります。両親の寝室は3階です。必ず階段昇降をしないといけません。しかも段差が23センチもあります。(下知コミュニティ・センターの階段の段差は11センチ。屋外非常階段でも15センチです。)
Kaidan

 いかに自宅がバリヤ・アリーです。部屋が狭いのでベットも置けません。和室に敷布団。茶の間も椅子ではありません。足腰が強くないと、自宅では生活できないのです。

 いわば「生活の必要性」に迫られ、介護予防通所リハビリ施設へ行くようになりました。もし通所していなければ、年相応に筋力は衰え、一緒の生活は無理になっていたことでしょう。両親とも90歳を超えて、バリヤ・アリーの自宅で生活できることは家族にとりましても幸せなことです。
Ziisannt01_r


Baasanfuxtukin02_r

 でも年相応に身体機能は衰えて来ます。両親とも尿失禁・便失禁をするようになり、トイレが間に合わなくなりました。紙パンツを履くようになりました。履き心地は快適なようで、介護する側も楽です。

 人間の命には永遠はありません。出来るだけ(無理のない範囲)で在宅介護に頑張ってみます。通所5年目とは古株だそうです。この施設でも数人しかいないらしく、そのうち2人は両親ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.23

あわただしく娘は戻りました

 午後1時過ぎの便で娘は東京へ戻りました。土曜日の午後帰省し、日曜は家内とモンスター・野外コンサート。昨日は休養して、今日は戻りました。うちでは娘と家内と息子は写真はNGなので、後姿のみ。
Kuukou01_r


Kuukou1_r


Kuukou2_r

 それにしても高知空港の混んでること。駐車場も満杯状態。昨日の欠航の影響なんでしょうか?3時過ぎに無事に東京へ着いたとの連絡がありました。
Wakamatutyou_r

 娘を送った後に香南市役所と高知市保健所へ行きました。こちらも駐車場探しが大変でした。今日は暑い。うちの事務所は3時過ぎに33・8度、湿度は54%です。土佐沖にある台風10号の影響でしょう。
338do_r

 車は異常に暑いですね。窓を開けて走ると熱風が来ます。窓を閉めてエアコンをかけてもガラスが異様に暑いせいか全然効かない。33・8度の事務所が涼しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二葉町耐震護岸工事が始まりました

l_new_r


Kenkouzi1


 高知港海岸(若松町地区)高潮対策工事(発注者・高知県高知土木事務所)の二葉町工区分が、いよいよ2016年8月下旬から始まるようです。請け負いの土建会社の現場代理人の人が、近隣住民への告知・広報活動で事務所を訪ねて来られました。

 説明に依りますと、二葉町の工事区間(稲荷神社南側の堀川から堀川水門まで)は、海側に、直径1・3メートルの鋼管杭を地中に油圧で押し込み、その上に鉄筋クンクリートで、堤防をこしらえます。
Photo

Photo_2

工法としては若松町の東端の青柳橋付近が同じ工法です。
Photo_3

_new_r_2

 「粘り強い耐震堤防」との事で、従来の「土盛り堤防」よりは遥かに耐震性と強度があるようです。「地球と握手する」工法であるそうです。
Photo_4

 若松町(海側)の耐震護岸工事


http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-edc1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.22

猛暑のなか、家内と娘が無事、野外ライブから生還しました

  2016年8月21日の10時過ぎに家内と娘が、香川県まんのう町で開催されました「モンスター・バッシュ2016」という大規模野外コンサートから戻りました。日中の開催で日陰もなく大変暑かったと聞きました。
Slide_08_text_05

 2人ともTシャツが塩まみれに。保冷箱のOS-1は飲み、売店でも水を購入し水分は補給したらしい。昨日のまんのう町は最高気温は33度だったそうですが、日陰のないコンサート会場はもっと暑いようでした。無事に元気に生還したのでなによりでした。
Img_01_05

 モンスター・バッシュ2016の野外ライブで、家内や娘が言うには、おめあてのモンゴル800の出番が1番暑い13時頃。オレンジ。レンジが最終のトリで、その時もモンゴルは登場したとか。会場が日影が出来た頃には、コンサートは終演近くだったそうです。
Map_02

 無事に「生還」できて良かったですね。準備(経口補水液と水分補給)、暑さ対策をある程度しておけば、大丈夫ですね.

コンサートに2日連続で参加した人の個人ブログです。野外コンサートの様子がよくわかりますね。早朝からシャトルバスで移動し、演奏前の1時間前に会場に到着。腹ごしらえや、アーティスト・グッズも品定めし、演奏がはじまると頑張っていたようです。

http://hama69.at.webry.info/201608/article_4.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防災部会の事業計画

  下知コミュニティ・センター防災部会の本年度の事業ですが、不確定な要素が多く、具体化していません。その理由は以下のとおりです。

1)この3年間継続してきました、西やんこと西田政雄さん(防災寺小屋・主宰)の防災講演会(全4回)。今年はスケジュールが決まりません。というのは、神戸市長田区鷹取東地区の西田政雄さんの盟友の、チョ・ホンりさんと一緒に、バングラ・ディシュにはいり、ネパール地震の支援活動に行かれる予定でした。

 ところが先月7月にテロが発生、外国人22人が殺害され、日本人も7人が殺されました。情勢は落ち着いたらしいですが、様子見をしています。そういう事情で予定が立ちません。

2)今治市防災士会にお願いして、「初歩の初歩」の、災害時応急手当と搬送仕分けトリアージの講演会を依頼していました。先方も熊本地震ほかの支援などで繁忙状態で具体化していません。


3)今年は昭和南海地震70年。各防災団体と、各地域コミュニティ団体と連携して、事業をしたい計画ですが、未だに具体化していません。

 という事情で具体化できないでいます。9月上旬までには方針を決めないといけないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.21

ブラジル悲願の金メダル!!

 本当に「異様な」雰囲気のブラジル・マラカニアンスタジアム。満員のブラジル・サポーターの歓声でスタジアムが揺るぐ。選手やカテゴリーは違えど、2年前のW杯準決勝でブラジルは1-7でドイツに惨敗。その後のブラジル代表の凋落は著しい。

 試合は両チーム中盤のせめぎ合い。ややドイツが優勢で構成。ブラジルも前からの守備が機能し始め、高い守備からの逆襲が続く。前半27分ドイツゴール前28Mの位置からねーマールのふるーキックが突き刺さりブラジルが先制。1-0に。ここ1番で決めるのでネイマールは千両役者です。

 その後は目も離せない攻防で前半は終了しました。

 ブラジル悲願の金メダル!!

 後半14分、ドイツはブラジルゴール前のワンツーからマイヤーが鮮やかにゴールを決めて1-1.その後試合はこう着状態になりました。延長戦でも決着がつかず、PK戦になりました。

 ドイツの5人目がPKに失敗。5人目のネイマールが落ち着いて決めて、ブラジル悲願の初優勝をしました。この試合はネイマールで始まり、ネイマールで閉めました。レベルの高い試合でした。

 ブラジル国民も大喜びです。ブラジルではサッカーは「宗教」のようなもの。優勝以外は評価されません。悲願の優勝は国民各位に力を与えることでしょう。

 ブラジルの「前からの守備」「攻守の切り替えの早さ」が目立ちました。ドイツの球際の強さと縦への突破。完全アウエーの雰囲気に気後れしないゲルマン魂は生きていました。素晴らしい試合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護旅行に無理なく行けるサービス

 高知市京町商店街の一角に京町商店街にある「ふくねこ」(NPO法人福祉住環境ネットワークこうちの愛称。ユニバーサル拠点施設・代表笹岡和泉)があります。

 久しぶりにお訪ねし、笹岡和泉さんや前田梢さんにあいました。ふくねこにあるパンフレットを1部いただきました。

「自分仕様のゆとり旅 トラベルヘルパーと介護旅行にでかけませんか 旅はリハビリ」((株)SPIあ・える倶楽部)のパンフでした。

 身体状態がどうなろうと、人は旅行したい願望があります。それを実現したのが「介護旅行」のしくみです。料金設定をみますと、高いかなと思いましたが、身体介護がともなう旅行や法事などの参加などを思いますと高くはありません。
_new_r


2_new_r


3_new_r


4_r

 日本の介護保険制度は自宅まわりの生活にしか使えません。「介護旅行」と言う名前でも介護保険は旅先では適用にならないのです。いわば無保険状態ですから、人件費や身体介護の事を考慮すれば決して高い料金設定ではありません。

 2011年から15年までの5年間に北海道の叔母は4回も車椅子で高知へ来ました。最初の2回は従兄弟が1人で介助し、後の2回は従兄弟の奥さんと、東京から従兄弟の姉が合流し3人で介助し、高知へ来ました。

 こういうサービスを早く知っておれば従兄弟も楽であったと思います。しかし残念なことに叔母は先月94歳で亡くなりました。今年の年賀状に「高知へ行く」とか書いていただけに残念ですね。
 Hiromamae002_r

  高知県観光の肝は「介護旅行」ではないかと思いますよ。大型客船の外国人が高知へ来たところで宿泊しないので、経済波及効果なぞ知れています。それよりか高齢化社会の今こそ、高齢化先進県の高知県は介護旅行の受け入れ先になるべきです。大きな経済効果があるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.20

ようやく娘が帰省しました

 盆休みを外してようやく娘が戻って来ました。高知空港には大勢の出迎えに来ている人がいました。
_r_7

 娘は「高知は暑い!!」と連発。エアコンの効いた作業場で連日働いているので暑さに対する耐性が弱いのでしょう。こんなことでは明日の炎天下のまんのう公園でのモンスター・バッシュ2016の野外ライブに耐えられるのでしょうか?不安です。

 家内と3人で高知市内のホテルでランチしました。その後中央公園地下駐車場へ車を駐車し水谷龍文堂へ行きました。8月末で閉店されると言うので、娘は何点か画材を買いました。店員の西森さんは引き継いで場所を替え画材とガクブチ店を継承してやるそうです。
_r_8

 休日の商店街ですが、一通りもまばらですねこれだけ暑いと街へでようという気持ちに皆ならないと思いますね。
_r_9


_r_10


| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛暑の中、父はリハビリゴルフへ行きました。

 今朝は8時半過ぎに自宅を出ました。その時刻の大橋通りのラビータのインド表示は30度でした。既に暑いです。南海上の2つの台風と熱帯低気圧、強い太平洋高気圧の影響でしょう。
_r


_r_2

 いつものように自己流の体操をして経口補水液(OS-1)を飲みながら、ゆっくり時間をかけて、125発の球を打ちました。
_r_3


_r_4


_r_5

 今日は朝から暑いせいでしょうか、こちらの打ち放し練習場に来ている人も少なめでした。休日に珍しいことです。
_r_6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさしぶりに、ふくねこへ行きました。

Fukuneko_r

 2016年8月19日は午後からはりまや橋サロンへ行きました。母が活き活き100歳体操(介護予防体操)をしている間に、電車通りを横断して、京町商店街にある「ふくねこ」(NPO法人福祉住環境ネットワークこうちの愛称。ユニバーサル拠点施設)へ行きました。

 久しぶりに代表の笹岡和泉さんにあいました。メンバーの前田梢さんにもお会いしました。訪問した用事は、9月4日に開催される「第7回ハンザクラス・ハンドインハンド高知大会」(YASU海の駅クラブ。高知県立障害者スポーツセンター共催)のポスターとチラシをふくねこへ持参し広報してもらうためです。早速掲示板にポスターを貼っていただきました。
Photo


Photo_2

 海はバリヤ・フリーです。8月1日は香南市社会福祉協議会主催の「海遊体験」のサポートに行きました。参加者皆楽しく海で遊びました。

http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-69ea.html

 ハンザ・ヨットは操船が簡単で、片腕で操船が可能です。海をこよなく愛するオーストラリア人の発明です。香南市夜須にはハンザ・ヨットが8艇置いてありますから。
Hanza1


Hanza2

 ハンディのある人も、ヨット操船経験のない人も(ほとんどの人がない筈です)、お気軽に参加してください。すぐに帆走できますから。風の力だけで帆走する快適さを誰もが味わえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.19

母と猛暑の中はりまや橋サロンへ行きました

 さきほどから曇って来ました。山間部は雨のようですが、高知市では降りませんね。雨は。事務所の気温は33度、湿度は60%。少し動けば汗が出ますね。
Hahaaruki_r


 昼食後母を連れてはりまや橋商店街へ行きました。おてんきでしたので、歩行補助車を持って行きました。
Hahakorokeya_r

いつものコロッケ屋で夕飯のコロッケを購入。谷ひろ子さんのお店で焼き菓子を買いました。母と一緒にアイスコーヒーを飲みました。

Hahatanisan_r


Hahaotya_r


 猛暑の影響で体操も参加者が少なめでした。


Ikiiki100sai1_r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑いと「ノート取り」作業は出来ませんね。

 うちの事務所は原則冷房を入れません。窓を全開にしていますが、夏の間は32度を超えています。夕方は自宅兼用になりますので、個人的にはある書籍や学術論文を讀んで、感想文を書こうとしていますが、はかどりません。

今朝の事務所の温度は6時過ぎで29・9度、湿度は69%です。

 夜になりますと窓を全部締めます。事務所の窓には網戸がありません。閉め切りますと32度から温度が下がらないからです。これほど暑いと読書ノートを作成すると言う簡便な知的作業もしたくはないですね。結局その作業はしません。

 お盆が過ぎれば夕方の気温は下がる筈ですが、今年に限ると期待薄ですね。当面は知的作業は諦めます。

 天気図をみましても今日も猛暑。35度になるらしい。熱帯低気圧は南海上に3個ありますが、前線が東北から北海道にかかっています。気圧配置からすると大雨は関東以北。西日本には雨が降りそうにありません。

暑い最中ですが、午後から母を連れてはりまや橋商店街へ繰り出します。活き活き100歳体操(介護予防体操)と、買い物(頭の体操)です。
16081903

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今1度SOSカードを作成したい

 

Sos_new_r


 3年ほど前に西田政雄さん(防災寺小屋・塾頭)に考案いただきました「SOSカード」。目的は「自己申告制の障害やハンディの提示と表示です。大災害時にハンディを持っている人に持参していただき、避難収容所においては、けが人同様に最優先に「福祉避難所」などに、搬送できるように行政側に、自主防災会が運営する避難所から連絡するようにするためです。

 はがき大の大きさで「赤字に白や黒字で「私は○○に障害があります」(例・わたしは目が見えません。)と、自己申告していただくカードです。裏にその人の「個人情報や服薬情報や医療情報」などを書いているものを持参していただくものです。

 コート紙のような厚紙で、首にかけるネームプレートのように避難時に持参していただきます。

 問題はコストです。以前この様式で印刷業者に見積もりを取りましたが、消費税抜きで11万円(1万枚で)かあkります。それ以外にネームプレートが必要です。

 仮にネームプレートは各人負担としていただいても(1つが100円前後)印刷費用は、単位防災会ではねん出できません。年間10万円程度の予算規模では無理なんです。

 社会福祉協議会あたりが支援いただけないものでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.18

昨年より父の腎機能は少し良くなりました

午前中昨日に続いて父(97歳)を連れて植田医院へ診察と点滴に行きました。1年前の父の血液検査の結果と現在とを比較してみました。
_r_10


_new_r_1


_new_r

 昨年の8月7日の数字は相当腎機能が悪くなっていました。脱水が進んでいました。今年は6月から植田一穂先生と相談し、それまでの週に2回の点滴を週3回に増やし、しつこいほど水分補給をしました。改善の傾向がありました。

 とにかく水不足が夏場は1番いけないようですね。
_new_r_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツが決勝へ、ブラジルとの対決です

さて後半はどうなるのか?球際と縦への突破と個人技はナイジェリアが優れているが、左右のゆさぶりには弱い。ドイツは守備が堅いが、ナイジェリアもドイツの守備体系に慣れてきました。スピードと個人技があります。ドイツも反撃します。

 後半暑さで少しドイツがへばり気味。オープンな展開になるとナイジェリアにもチャンスが出てきます。しかし試合は膠着しています。今後は選手交代が鍵でしょう。

 疲れからか両チームにパスミスが出てきました。ドイツは伝統の[ゲルマン魂]がありますから踏ん張りますから。

 後半44分にドイツが自陣からカウンター。交代選手にメダテが決めました。2-0となりました。ドイツが勝ちました。

 決勝はドイツVSブラジルに。ブラジルにすれば2014年のW杯で1-7で惨敗した相手です。こちらも面白い。因縁のしあいとなりますね。

Doitu_2tenme_r


Doitu_r_2


Doitu_fan_r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツVSナイジェリア戦・前半

ドイツVSナイジェリア戦を観戦します。眠いですが大一番。チームカラーが対照的。さてどうなるのか?個人技と身体能力に優れている。

 前半9分右サイドからドイツ・クロスターマンが先制しました。守備のゆるさをついた上手い攻撃でした。
Doitu_r

_r_9

 ナイジエリアもサイドを使いスルーパスを出しますが、最終ラインを崩せません。ドイツは守備が堅い。ナイジェリアは緩いその差があります。

 前半は膠着した状態になりました。ナイジェリアの攻撃がざつになりました。前半は1-0でドイツのリードで終わりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラジル6-0で圧勝で決勝へ

後半はどうなるのか?ホンジョラスの監督はなかなかの策士ですから、このままではおわりたくはないっでしょう。2人の選手を交代させました。フォーメーションも変えることでしょう。

 後半6分コーナー・キックからDFのマルティネスがこぼれ球を蹴り込みました。4点目を入れました。その後はややメリハリのない展開。そうなると眠くなります。
_r_6
 このままブラジルが勝つでしょう。決勝の相手はドイツか、ナイジェリアか。どちらも強い。この後4時からの試合が楽しみっですね。後半34分位に流れるようなパス交換から左サイドからFWのルアンが決めて5-0となりました。

 しかしブラジルは交代選手で出てくるメンバーは欧州リーグで活躍しています。選手層が厚い。ネイマールが45分位にPKを決め6点目。ブラジルが決勝へ進出しました。
_r_7

Neimaru_r


_r_8


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラジルVSホンジョラス戦・前半で3-0

 ブラジルの勢いが空回りしなければいいのですが・・。ホンジョラスは堅守速攻のチームです。なんと開始15秒でネイマールがゴールを決めました。GKと交錯しながらのゴールです。
_r
 両チームとも球際が激しい。個人技もしっかりしています。日本のようなひ弱さがない。ブラジルは26分位にガブリエルが抜け出し、DFをかわして2点目。19歳であると言います。

_r_2
 ネイマールが攻撃の要。パスの組み立てや、突破。執拗なマークでファールを繰り返します。まさにオーバー・エイジ世代の見本のような動きをしています。

 34分位にネイマールのパスからガブリエルが抜け出し3点目。本試合2点目。才気ある選手で現在は国内リーグでプレイしていますが、来期は英国のプレミア・リーグのマンチェスター・シティへ移籍するとのこと。
_r_3

 ブラジルは今大会は無失点。2014年のW杯でドイツに7点取られて惨敗した教訓でしょう。守備から再建したようです。

_r_4


_r_5


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.17

今朝は父(97歳)の付添で植田医院へ行きました。

「猛暑の中でお父さんは小康状態を保っています。点滴を週3回にしたので、昨年より血液検査の数値は良いようですよ。」と言われました。
Tititenteki_r

Titiueta1_r


Titiueta2_r


 歩行スピードは遅いですが、直立2本足歩行が何とかできていて、自力で車への乗り込みも出来ます。その点は介助する方は大いに助かっています。その身体機能を維持していただきたい。
Titiueta3_r


Titriueta4_r

 自動車への乗降も最近では見守りして(特に降車時)しないといけないです。

 横開きのドアや、助手席シートが半回転する車や、車椅子が後ろのドアから積み込めるタイプの自動車もそろそろ検討しないといけない。介護は「転ばぬ先の介護」が必要ですから。

  トヨタ 横開きタイプの車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高台の土地造成は太陽光発電のためとか

_r


 2016年8月17日の高知新聞の紙面。高知市土佐山地区の山の中腹に太陽光発電装置が建設されるとか。ちゃんと許認可を受けなさっている工事ゆえとやかく言えません。しかし海抜0メートルで常に水没を念頭に物事を考える低地の市民とすれば複雑。

 宅地造成と太陽光発電パネル設置のための土地造成はそもそも異なる次元の話ではありますが、高知市の高台地区の多くは太陽光パネルでこのままでは埋め尽くされることでしょう。

 海抜0メートル(というか海抜2メートル以下)に居住する市民が15万人いると言う高知市。「どこのドライエリアの避難所へ行くのか」「応急仮設住宅の敷地はどうなっているのか?」という低地の市民の問いかけに、数年前から高知市は「0回答」を繰り返しています。一体どうなっているのか市長に聞いてみたいものです。

Shomozizentaihyoukouizu1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«8月の二葉町資源・不燃物ステーション