2019.05.22

閖上の復興を伝える河北新報記事


河北新報記事・閖上・422_NEW
 2015年6月23日に、高知市下知地域関係者5人と、有志3人の合計8人で、宮城県名取市閖上地区を訪問しました。日和山を訪問した折に、説明いただきましたのが格井直光さん(閖上震災を伝える会代表)でした。

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/44-b965.html

 その時震災の状況を聞いた後、「閖上復興まちづくり事業」のお話も聞かせていただきました。それから4年。格井直光さんから送付いただいている地域コミュニティ紙「閖上復興だより」から復興の様子をのぞかせていただいています。
河北新報記事・閖上・511-1_NEW
 このたび4月21日に閖上地区にて、河北新報主催の「防災ワークショップむすび塾」をふらむ名取(代表理事・格井直光さん)と地元の皆さんとの話し合いの様子が記事になっていました。4月22日と5月11日の河北新聞を送付いただきました。じっくりと読ませていただきました。

 震災前に7000人が暮らしていた閖上地区。9メートルの津波が閖上地区を襲い900人を超える人たちが亡くなられました。記事からは復興事業が進展されるにつれ、震災の記憶が薄れ、伝達・伝承していく難しさを言われていました。
河北新報記事・閖上・511-2_NEW河北新報記事・閖上・511-3_NEW
 むすび塾参加者が言われているのは「地域コミュニュティの大切さ」でした。閖上地区では、5月26日に「閖上まちびらき」を行えるようにまで復興が進展されています。

 「未災地」高知市の海抜0メートルの軟弱地盤の海に隣接している二葉町に住んでいます。被災地の皆さんの「命がけの体験」からくるアドバイスに傾聴し、地域なりに懸命に地域減災活動をやってきたつもりです。しかし地域の安全性や、今の状態で南海トラフ地震が襲来すれば、会社を再建することは不可能です。まだまだ「安心・安全」な域には到達していません。
河北新報記事・閖上・511-4_NEW
 記事を読みまして「本気で」減災対策を個人、家族、会社、地域で実行しなければいけないと改めて思いました。格井直光さんありがとうございました。皆様のご助言を忘れず活用して、今後も活動を継続していきます。
河北新報記事・閖上・511-5_NEW

| | コメント (0)

2019.05.21

「小倉町おしゃべり・カフェ」へ行きました。


DSCN0175
 昨日の夕方から生憎の悪天候。雨は降ってはいませんが、空は灰色の雲で覆われています。それで先日の下知地区減災連絡会役員会の後、アルファステイツ知寄町2防災会のTさんにお誘いいただいていましたので、長くつ履いて傘を持参して、会場の東丸池小倉町集会所へ行きました。
 20人が参加されていました。マンションが7人、小倉町が12人とか。男衆はビジターの私を入れて3人。あとは女性たちです。毎月第3日曜日が「小倉町おしゃべり・カフェ」の開催日です。
 今回は小倉町側が調理の当番とか。稲荷寿司と、エンドウ豆、サラダと揚げ物とお吸い物でした。Tさんによりますと昨日食材の買い出しは、弥右衛門の「とさのさと」へいかれたとか。もう1人のTさんは春野町の出身。お母さん(92歳)が栽培しているエンドウと小夏を食材に提供されました。
DSCN0177
 わたしはビジターなので、先週金曜日のはりまや橋商店街金曜市で、谷ひろ子さんの焼き菓子を買っていき、食後のおやつとして提供しました。大好評でした。参集された皆さんは、なにかと人生経験が豊富な方々。おしゃべりをしていますといろんな話題があります。

 料理が美味しく、お話が面白かったので、「集会」の様子の写真を撮影することを忘れていました。

 マンションの人たち同士の交流も大事ですし、マンションのある町内会との交流もとても大事です。このような自然体の地域間交流はとても大事ですね。二葉町も都市部の市街地です。二葉町では賃貸マンションの所有者の理解を得て10棟の清湯マンションが地区避難ビル(うち4棟が高知市指定の津波避難ビル)になっていただいyています。1棟の分譲マンションも地区避難ビルになっていただいていますが、「おしゃべりカフェ」のような日ごろの地域コミュニティづくりにはなっていません。
futababousaimap0mm

| | コメント (0)

2019.05.20

母ははりまや橋サロンへ行きました


DSCN0160
 2019年5月17日(金)ですが、母(93歳)ははりまや橋商店街サロンへ行きました。

 お天気がいいので歩行補助車を持参しました。いつものようにコロッケ屋さんで「かつおコロッケ」を購入しました。
DSCN0162
 谷ひろ子さんのお店で、チョコケーキと焼き菓子を買いました。今日の活き活き100歳体操は、10人の参加者でした。椅子に座って立ち上がりの運動が、母は少し苦手であり、動作がお遅れ気味でした。
DSCN0167DSCN0172
来週の金曜日は私は徳島方面の行商に行くので、はりまや橋サロンはお休みします。

体操が終わってから、母とコーヒーとロールケーキでおやつにしました。食欲は旺盛ですね。
DSCN0173

| | コメント (0)

2019.05.19

母は横田胃腸科内科へ行きました。

 DSCN0017
 2019年5月17日(金)の午前中は、母(93歳)は、横田胃腸科内科へ行きました。血圧は、136-72、脈拍60、不整脈なしでした。わたしより数値がいいです。
DSCN0020
 骨をくっつける注射もしました。骨粗鬆症の予防になるとか。母は今のところ内臓疾患はありません。
DSCN0021

| | コメント (0)

2019.05.18

YASU海の駅クラブ・理事会


DSCN0001
 2019年5月16日でしたが、夕方に香南市夜須にあるNPO法人YASU海の駅クラブ理事会に行きました。少し早く着いたのでハーバーへ行きました。ハーバーの斜路の前の海を浚渫するのか重機が並んでいました。夜須川の河口部に砂が堆積し、ヨットやカヌーの出着艇が往生していますから。今年は7月に全中(全国中学生ヨット選手権大会)も夜須で開催されるので、浚渫してくれるようです。
DSCN0003
 YASU海の駅クラブ理事会ですが、委任状出席者が多かったです。議題は5月26日(日)に開催予定の総会の提出する2018年度の事業報告、決算報告、2019年度の事業計画と予算、役員の改選、その他の議題を審議しました。
DSCN0006
 報告事項では5月11日・12日両日開催されました「第11回龍馬カップINKOCHIオープンヨットレース」がされました。参加者アンケートでは、レース運営やパーティ運営も大好評でした。両日とも晴天でよかったです。
DSCN0005

| | コメント (0)

2019.05.17

今朝も爽やかな朝です。


tenkizu517
 今朝の事務所の気温は、21・6度、湿度は58%です。近所を早朝に散歩しましたが、Tシャツ姿ですと肌寒く感じられる外気でした。

 奄美地方に続いて沖縄も梅雨入りしました。天気図では梅雨前線が形成されていますが、四国沖の南方海上に下がっているのでお天気に影響はありません。
DSCN0009
 ご近所の方が世話をされている紫陽花。いろんな種類の紫陽花が植えられています。花が登場したばかりのうようです。紫陽花が奇麗に咲くようになりますと四国も梅雨入りですが、まだ先のようですね。
DSCN0010
 昨日の夕方ついに蚊取り線香を炊きました。梅雨が近づいている証拠ですね。
DSCN0011DSCN0014

| | コメント (0)

高知市津波SOSアプリの本格稼働について

スマホDEリレー関連資料_NEW 5月8日の下知地区減災連絡会の役員会でも、本年度の活動ほうしんおなかに「スマホDEリレーを取り入れた訓練を行うこと」が決議されました。


 


昨年は1月と11月に2回下知地域で実証実験をしました。12月に防災政策課と開発会社と、体験した住民とで意見交換会をしました。少しは改良されたのでしょうか?(その後役所のほうからは何も報告がありません。)


 


 「使えるものは何でも使う」のが下知地区減災連絡会のスタンスです。


 


「事前学習会を行い、それを受けて、ブロックごとの予備講習会、津波避難ビルを活用した訓練を行う」ということになりました。


 


 総じてスマホを活用している「現役世代」や「子育て世代」、学生各位は従来防災訓練には参加してきませんでした。地域の中での「交流の場」が子のスマホDEリレーを通じてできれば、地域防災力の向上に繋がります。


 

| | コメント (0)

2019.05.16

防災デジタル防災無線が配備されます

デジタル防災無線1  2013年に下知コミュニティ・センターの開所当時に、「デジタル防災無線」の設置の話は聞いておりました。6年遅れてようやく配備されることになりました。


 


 設置場所は下知コミュニティ・センター5階屋上部。従来あった土佐稲荷神社横と同和産業横にあったアナログ放送設備を集約し、デジタル化します。
デジタル防災無線2  下知南部地区に関しては、5か所のアナログ放送装置を2か所に統合します。
 施設管理者の高知市地域防災推進課の担当職員の説明では、聞ける範囲がむしろ広くなり、聞き取りやすい音質であfるとか。ここは市役所を信じて対応します。


 


 10月27日の二葉町防災訓練時に放送をしていただこうと考えています。

| | コメント (0)

2019.05.15

5月15日は義母の命日と沖縄返還の日


nisihira-haka
 22年前に義母は亡くなりました。難病の膠原病でした。15日の早朝に沖縄の病院へ駆けつけていた家内から逝去の連絡を受け、上の子供は高校へ、下の子供は小学校へ祖母の死去ということで忌引き届を出しました。翌日大阪経由で駆け付けました。

 デパートで下の子供のシャツを見に行きましたが高すぎ、牧志の平和通り商店街にて調達しました。適正価格でした。その晩は蝋燭の人絶やさないでとのことで義母と一緒の部屋で過ごしました。翌朝葬儀社が義母を運び出し火葬場へ行きました。2時間後に義母の骨を骨壺にいれ、葬儀会場へ行きました。葬儀が終わると、一族の墓地へ行き納骨しました。沖縄は真夏でとても暑かったです。
okinawahenkan
 1972年5月15日に施政権が日本に返還されました。日本国沖縄県になりました。「基地のない沖縄」の願いは実現されないばかりか、安倍内閣はあろうことか、多額の国費で名護市辺野古の貴重な海を埋め立てて米軍基地を建設しています。ひどい話です。

沖縄の民意は日本国民の民意です。
141a7149

| | コメント (0)

2019.05.14

下知地区防災計画2019年度事業計画

下知地区防災計画進捗シート_NEW  2015年から3年間取り組んできました「下知地区防災計画」。2018年5月に高知市長に森宏下知地区減災連絡会会長から提出しました。その後高知市防災会議8議長高知市長)採択され、現在では高知市ホームページ(地域防災推進課)掲載されています。

 

https://www.city.kochi.kochi.jp/soshiki/12/sitasirutikubousaikeikaku.html

 

下知地区防災計画では、参加者各位から51の個別計画が出されました。参加者全員の投票(自分の計画には投票せず、他人の計画を評価して投票)した結果「下知ベスト10」が選ばれました。その「進捗状況」のチェックシートが配布されました。
 そのなかで達成ができなかったものもあります。

 

「広報下知減災でアンケート調査を行う。」

 

「津波避難ビル防災会と周辺防災会・ルール作り・訓練」でした。今年度は継続して取り組んでいくことになりました。

 

 2019年下知地区防災計画・ベスト10時ぎょいう計画では新たな事業が盛り込まれました。

 

「家具転倒防止広報」と「家具片付け」の連携講習会を行う」。清掃会社との提携。

 

「要配慮者支援では、地域内のモデル地区で取り組む。丸池町・二葉町・小倉町・サーパス知寄町1で取り組んでいく。」

 

「県立弓道場での津波避難訓練の実施」は弥右衛門部会で取り組んでいきます。」

 

「スマホSEリレーを取り入れた訓練を行う」(津波避難ビルとの連携と訓練の実施)

 

「コンビニ:警察量販店との協議」(災害時での食料供給協定・防犯支援)

 

「高知県震災復興都市計画の学習会」(高知市・高知県・国土交通省との意見交換)

 

「中小企業BCPの学習会」(東日本大震災の被災企業の再建に学ぶ)

 

「親子津波避難ビル廻りスタンプラリーの実施」などが提案され、役員会で承認されました。盛りだくさんではありますが、1つ1つ課題を地域で解決していくことが、減災力の向上になります。
(2019年5月8日に開催されました下知地区減災連絡会での配布資料より。坂本茂雄事務局長が作成いただいたものです。)
下知地区防災計画2019年度事業計画_NEW

| | コメント (0)

2019.05.13

避難行動要支援者対策の取り組みについて


高齢者要支援者支援1_NEW
 津波や浸水の恐れのない地域と、「浸水で溺死する」可能性が高い海抜0メートルの下知地域ではおのずから取り組む姿勢が異なります。

 2019年度は下知地域では、丸池町、二葉町、小倉町、サーパス知寄町1防災会で「避難行動要支援者対策」に取り組もうということになりました。

 二葉町自主防災会の場合は、昨年3回目の「防災世帯調査」を行いました。調査に協力いただきました町民の情報は把握しています。協力いただけない町民については、防災会としては「どうしようもありません。」。市役所から情報提供に同意したという高齢者の名簿が引き渡されますが、独自に調査した二葉町防災世帯調査を補強するものとして、活用はします。

 二葉町防災世帯調査

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post-1fb5.html

 「鳴り物入りの」市役所からの名簿提供ですが、モデル事例を見る限り大した情報y提供ではありません。本体なら市役所の社会福祉部門である健康福祉部の保健士や社会福祉士、あるいは社会福祉協議会職員や、地域のケアマネージャーが対象世帯を訪問し、丁寧に聞き取り調査をして、本人の同意を取り付けてから、地域の防災会や町内会や民生委員に情報教諭の会合を開催してしかるべきですね。

 高知市役所はそれをせず、名簿を引き渡すだけの「地域への丸投げ」ですね。地域で再調査しなければならず、本来市役所がやるべき業務をなぜ、地域住民がボランティアでしなければならないのでしょうか?それがおかしいと思います。
高齢者要支援者支援2_NEW
 きちんと事前に市役所の担当部署(健康福祉部)が調査をし、手順を踏まえた協力支援であれば、協力できるとは思います。二葉町では防災世帯調査票を補強する意味で市役所提供の名簿で確認し、個別支援まで行けるか不明ですが、やれる範囲でやってはみます。
(資料は5月8日の下知地区減災連絡会役員会で配布されました。坂本茂雄事務局長が作成しました。「避難行動要支援者対策の取り組みについて」は高知市地域防災推進課との共同作成となっています。)

| | コメント (0)

2019.05.12

父の1周忌も無事に終了しました。


DSCN1706
 2019年5月22日は、父の1周忌。「去る者は日々に疎し」と言いますが、本当に時間が経過するのは早い。来年の同時期は3回忌になります。
DSCN1707
 父の兄弟姉妹も超高齢者であり、亡くなっています。生存者も施設に入居している状態。ごくごく身内にて1周忌をしました。
DSCN1710
 まずはお寺にて1周忌の法要。準備するようにと言われ、生花としきび、お餅とお菓子と果物を準備。お寺で器を借りて盛り付けました。1時間程度のお経をあげていただきましたが、わかりやすい。父が極楽で成仏しているようでした。皆が焼香してお寺での法要は終わりました。
DSCN1712
 父が眠る墓地へ行きました。
DSCN1721
 続いて墓地へお寺からそのまま行きました。気温が上昇していますので、長期の屋外での滞在はしないことにしました。お寺から一式のお供え物を回収しお墓へもっていきました。父に現状を報告しました。
DSCN1714
 母のために歩行補助車を持参し、焼香の間は座ってもらいました。なんとか1周忌の日程はなんとかこなしました。身内だけの法要でしたが、なんだか厳粛な気分になるものですね。
 そして暑いので撤収しました。墓地は日影がないので夏場は来れないですね。
DSCN1717
 沖縄の義母の葬式は確か5月17日でした。朝自宅へ葬儀所がやってきて火葬場へ直行。2時間待って義母の骨を拾い、骨壺に詰めて葬儀会場へ。葬儀が終わると一族の墓地へ行き、納骨しました。沖縄は真夏でしたので暑いという印象がありますね。

| | コメント (0)

龍馬杯ヨットレース2日目。


DSCN1693
YASU海の駅クラブのライブカメラより撮影。

シーホッパー、レーザー、OPや470、スナイプ、テーザーなどが、ハーバーから出艇していきました。
DSCN1695DSCN1696
 レース海面は岸本海岸沖になりそうです。いい風が吹けばいいですね。

 私はまもなく息子が来るので、早めの昼食を軽く取り、喪服に着替え、父の1回忌のためにお寺へ行きます。最終準備中。
DSCN1699
 生け花店の猪野伸一さんが生花と四季美を配達してくれました。さし方も習いました。

| | コメント (0)

2019.05.11

母ははりまや橋サロンへ行きました。

DSCN1675  2019年5月10日(金)ですが、午後から母(93歳)と一緒にはりまや橋商店街サロンへ行きました。10連休明けの週末でせわしく、対応に追われ、出発が遅くなりました。
DSCN1676  お天気でしたので歩行補助車を持参し、コロッケ屋さんで夕飯のコロッケを購入、谷ひろ子さんのお店で母はチョコケーキと焼き菓子を買いました。
DSCN1681  今日の活き活き100歳体操は母も含め13人の参加でした。体操の後母とお茶しました。コーヒーとプリンを食べました。チョコケーキは戻ってから息子と母が食べたようです。超高齢者でも食欲があることはいいことです。
DSCN1685

| | コメント (0)

下知地区減災連絡会2018年度・役員会

DSCN1661  2019年5月8日(水)ですが、下知地区減災連絡会2018年度・役員会が、18時30分から下知コミュニティ・センターで開催されました。デジタル行政無線の説明もあるので、高知市地域防災推進課は5人出席していました。
DSCN1666  森宏会長の挨拶がありました。最初に地域防災推進課の下知地区担当(4年目)の中山瑞穂さんが「平成31年度政策予算と主要事業概要」(防災対策部)を説明されました。家具転倒防止対策事業支援事業ですが、今まであった支援対象が外され、全世帯を対象となりました。
 そういえば今日初めて気が付きましたが、下知コミュニティ・センターが避難場所である表示を市道上に建てられていました。
DSCN1664  デジタル化した防災行政無線は、南宝永町と稲荷神社横のアナログ無線スピーカーを統合し、下知コミュニティ・センター屋上に設置することで、広範囲に聞こえるようになるとのことです。
 続いて坂本茂雄事務局長から、昨年度の事業報告がされました。別紙にて「下知ベスト10」の進捗の説明がありました。
DSCN1668  「津波避難行動要支援者対策」についての説明もありました。4つの単位自主防災会で取り組みに着手することになりました。高知市津波SOSについても、昨年2回下知地区でのスマホを使用した災害時の情報伝達訓練をしましたが、今年はより広範囲に住民各位で実施することになりました。
 提案として、親子で巡る「スマホDEリレーを活用した、津波避難ビルスタンプラリーを実施してみようということになりました。
DSCN1667  活発な意見交換が行われ、21時前に会合は無事に終了しました。

| | コメント (0)

2019.05.10

二葉町町内会・不燃・資源ステーション


DSCN1669
 2019年5月10日は、二葉町町内会(楠瀬繁三会長)の不燃物・資源ステーション雄開所日です。毎月第2金曜日の午前6時から8時までの間下知コミュニュティ・センター前で開催されます。
DSCN1670
 荒木三芳二葉町町内会副会長(衛生委員)の指揮のもと、各班の班長さんたちが仕分けをたんとうしています。段ボールは2種類、ビンは3種類。金属と不燃物。電池や蛍光灯なども仕分けられ所定の場へ置かれていきます。
DSCN1671
 「高知方式」の資源・不燃物仕分け方式が二葉町町内会ではきちんと出来ています。地域コミュニティがしっかりしているということです。地域コミュニティの基本です。
DSCN1673

| | コメント (0)

2019.05.09

市民に寄り添う学識者は素晴らしい!!


片田先生記事・日経_NEW
 日本経済新聞2019年3月11日号。今年は年度末から年始にかけ、異常に多忙であり、4月になっても「10連休対応」に追われ、記事を読んだのはごく最近でした。
「常識うたがい命守防災」
「行政頼み超え 若者と地域再生」
「豊富な現場経験 力ある言葉生む」と見出しにあります。

 東日本大震災の時に釜石の小中学生は、ほとんど津波による死者はいませんでした。それは片田敏孝さんが、釜石市の小中学生にこんこんと「命を守る防災」を語り、避難訓練を繰り返してきたからでしょう。
「ハザード・マップを信じるな」
「その状況において最善を尽くせ」
「率先避難者であれ」と片田敏孝さんは語ってこられました。

 多くの釜石の子供たちを救いました。今は34Mの津波が想定される高知県黒潮町に入られ住民とともに災害対策に取り組まれています。
 学識者で住民に寄り添い解決策をともに現場で一緒になって取り組んでいただける人は多くはありません。

「あなたが住んでいる地域は下知だね。菜園場から東だね。地盤がぐちゃぐちゃでどうしようもない地域だね。」と平然と言う防災対策を標榜する学識者も一方でいます。
 私はぐっと堪えて「ではその下知に住んでいる私たちはどうすればよろしいのでしょうか?」と言いますと「どうしようもないわな。下知地域は。」と。それでも学識者なんかお前は!と言いたいです。

 高知市下知地域にて、住民の立場で南海地震対策を11年間取り組んできました。いまだに「命を守る防災」の域には全然到達していません。
 片田敏孝さんの取り組みを参考にしながら、頑張るしかありません。

| | コメント (0)

2019.05.08

たいもの里親が現れました


DSCN1659
 先月五台山市民農園を退会しましたので、植えてあったたいもを撤収し、一時的に、うちのプランターに植えていました。いろんな人に声がけをしました。
DSCN1660
 知人の知り合いで家庭菜園をなさっている人がおられたので、里親になっていただくことになりました。これで有機農家の井上正雄さんにいただいたさといもも命をつなぐことができます。
 何はともあれ良かったです。
DSCN1658

| | コメント (0)

2019.05.07

有名アーティストは高知をスルー


DUKEコンサート情報
音楽好きの家内は「高知が本社のDUKE主催なのに、高知でのコンサート情報が全くない。」と嘆いていました。
酒ばっかり飲んで音楽文化に関心の低い高知県民をアーティストが避けたということなんでしょうね。

| | コメント (0)

2019.05.06

海の散帆を堪能・観天望気も大当たり


DSCN1626
 2019年5月6日(月曜日)。10連休の最終日です。家内と母の協力と理解で、朝8時過ぎに夜須へ出発しました。8時半にハーバーへ到着。早速ぎ装(ヨットの組み立て)をしました。
 今日の天気予報は「曇りのち雨」。「雨は午後から」というものでした。午前中だけでも海の散帆ができればいいという気持ちで行きました。ハーバーには高知大学ヨット部が20人近くいました。
DSCN1631
 海と空を観察しますと夜須周辺は晴れています。しかし高知市方面の西方面は灰色の雲で覆われ、西の海面は靄が出ています。午前中限定で海の散帆をすることにし、昼からは海へは出ない決断をしました。
DSCN1632DSCN1641
 午前9時20分過ぎに出艇。風が程よく、赤岡沖まで行きました。今日は高知大学ヨット部が470とスナイプが8艇、ジュニア・ヨットクラブはOPが4艇が海へ出て帆走していました。
 着艇したのは12時20分。3時間の海の散帆を堪能しました。艤装を解除し、艇や備品を水洗いしました。自分の体も洗い着替え、訪で購入したおむずびと卵焼きを食べました。
DSCN1645
 艇を片付けて午後2時過ぎに夜須を出ました。高知大学ヨット部やジュニア・ヨットクラブは午後も出艇していました。帰路につき高知空港付近から高速へ乗ると雨がばらばらと降りだしました。路面は既に濡れています。
DSCN1654
DSCN1656
 帰宅して家内に聞きますと高知市内は午後1時過ぎから雨が降り出したとか。
 今日は満足度100%のセーリングと、「観天望気」も的中し、雨に降られる前に完全撤収ができました。最高の気分です。

| | コメント (0)

«「割れ窓理論」で町内を奇麗に