« ホームページ開設の効用? | トップページ | 番組出演者交流会が開催されました。 »

2004.03.19

公共掲示板という役割を忘れるな

 550万円の高知県民の税金で運営されている公共掲示板「ぷらっとこうち」。県職員であろうが、民間人であろうがその事実を忘れてはいけない。
 書き込みも「行動履歴」である。たわいもないおしゃべりや、「話の話」は、コストのかかっていない個人の掲示板や、weblogでやるべきであろう。ぷらっとこうちに県民各位が期待しているのは、「高知県庁の情報公開」であり、「まちづくり運動に関する有益な情報」である。
 個人情報を登録したのにそれら2つが得られることは、私の場合少ない。むしろ実践しているまちづくりの情報を「リンクで飛べなく」「見づらい」ぷらっとこうちであるので、「県民のための出来ることからできる情報公開塾」と「はりまや橋サロン」の2つの会議室で情報を提供している。
 最近「公共掲示板」の意味を理解していない人の書き込みが目立つ。550万円の県民の税金で運営されている意義目的を考えていただきたい。理解していれば「おしゃべり」や「話の話」を書き込むことは出来ないはずだからだ。

|

« ホームページ開設の効用? | トップページ | 番組出演者交流会が開催されました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/321617

この記事へのトラックバック一覧です: 公共掲示板という役割を忘れるな:

« ホームページ開設の効用? | トップページ | 番組出演者交流会が開催されました。 »