«  戦争と平和の意味を考える | トップページ | どうなったのかZEPP誘致 »

2004.06.24

プロの政治家の見解

 昨日は今期限りで参議院議員を勇退される平野貞夫氏に面談しました。
衆議院事務局で34年、参議院議員として12年という長い政治経歴です。いわば日本の政治の中心である永田町の「表と裏を」知る人物の一人です。
taidan.syusei1.jpg
 平野さんは12年ぐらい前に最初の選挙の折、お会いしたことがありました。気さくな人で、高知県土佐清水市のご出身。引退後は「平成南学塾」を開設したいとか。クリントンさんのように「永田町回顧録」を出版されたら良いですね。

 「無党派層の人達が2%行動し、投票行為で意志を表明しただけで日本は変わる」と言われました。「政治に希望を与える、政治文化を育てたい。」それが平野貞夫さんのライフワークのようです。

|

«  戦争と平和の意味を考える | トップページ | どうなったのかZEPP誘致 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロの政治家の見解:

«  戦争と平和の意味を考える | トップページ | どうなったのかZEPP誘致 »