« サニマートが陸上部を廃部に | トップページ | 深澤清さんに会いました »

2004.06.19

weblog講座は多くの可能性を秘めている

 18日の「けんちゃん1人サロン」は、いつものcafe&lunchげ・ん・きではなく、5月30日に開設されたジョブカフェこうちで開催されました。
 3人のゲストが来てくれました。うち1人は住環境福祉コーディネーターの笹岡和泉さん。水曜日にラジオに収録に来ていただきましたご縁。
pic_0119.jpg

 笹岡さんは、OPEN HERAT(重度重複の障害のある子供たちが豊かな地域生活を送るために必要なことを実現する会。宇賀恵子さんが代表)の実質的な事務局長。
 weblpogを笹岡さんがマスターしていただいたら、傷害を持っている子供たちや、お母さん達の「コミュニケーションツール」として最大活用できるのではないかと思い、ジョブカフェ側の協力もあり、実現いたしました。

 最初は有料のweblogのココログにて登録。サイトの更新や、ページの作成の仕方を情報交換。すぐ慣れられました。
 次に無料weblogのdoblogで、OPEN HERATのホームページを早速作成いただきました。doblogは更新は簡単だし、ネットワークづくりが可能だと思いました。
jobcafe618.jpg

 ジョブカフェこうちセンター長の竹内隆志さんによれば、先日も障害者の方が就労相談にこられたとか。このweblog講座をきっかけに交流が広がることが期待されています。
 現在OPEN HEARTさんたちは西岡謙一さんの協力で、土佐備長炭の加工品づくりを「日中活動」でされています金曜日の。はりまや市で販売されています。

 今後はweblogも活用して、インターネットで販売することも可能になりました。なにより情報の交差が可能になりました。そういう意味で昨日のジョブカフェでの「自己表現力向上講座」は大きな意義がありました。

|

« サニマートが陸上部を廃部に | トップページ | 深澤清さんに会いました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: weblog講座は多くの可能性を秘めている:

« サニマートが陸上部を廃部に | トップページ | 深澤清さんに会いました »