« どうなる郵政民営化 | トップページ | 高知市政の錆取りは可能なのか? »

2005.06.14

どうなるM.ジャクソン

 往年のスーパースターであるマイケル・ジャクソンは、米国カルフォル二ア州の裁判所で無罪が確定したようだ。46歳になっているようだし。
 報道によると控訴審がないので無罪が確定したとか。

 子ども好きなのか、変質者だったのかの判定は裁判で下ったようだ。ただ46歳になったマイケル・ジャクソン氏は今後はどうするのであろうか。
 自宅もネバーランド(売却したようだが)と名づけ大人になるのを拒否しているようだし。スターも老いには勝てないと思う。

 ショーンコネリーやクリントイースト・ウッドなどは味のあるおじいさんになっている。マイケルはどうなるのだろうか。
 往年のロック歌手は麻薬などで全盛期に亡くなる人が多かった。ピーク過ぎ、老いて行くマイケル。裁判は乗り切ったようだが、今後の行く末にはスーパースターだけに気になるところである。

|

« どうなる郵政民営化 | トップページ | 高知市政の錆取りは可能なのか? »

コメント

日本でも裁判員制度が導入されます。果たしてどうなるものでしょうか?
 弁護士の人に聞きましたがなかなか大変そうですね。刑事事件の審判だけに大変そうです。

投稿: けんちゃん | 2005.06.14 16:36

アメリカの裁判制度の問題か?
日本の裁判制度が良いとは思いませんが、陪審員制度が日本人になじむか否か?
また、日本の場合の陪審員の選び方が如何に成るか?
管理社会の経済社会主義国我が日本では、ランダムに選んだ特定の人に成るのでは?
日本人は、学識経験者が好きですから!

投稿: 西田政雄 | 2005.06.14 16:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうなるM.ジャクソン:

« どうなる郵政民営化 | トップページ | 高知市政の錆取りは可能なのか? »