« やはりブラジルは別物 | トップページ | 7月2日のはりまや橋サロン »

2005.07.01

小倉昌男氏の逝去を悼む

 「クロネコヤマトの宅急便」の創案者の小倉昌男さんが、逝去された。享年80歳とか。
 宅急便の創設は1976年。ちょうど学生時代の頃だった。
  わたしは1973年に東京の私大に進学したが、田舎の実家から下宿へ荷物を送るのに苦労した思い出がある。当時は小口荷物は国鉄と郵便局しか扱っていなかった。

 昼休みの時間帯は荷物は扱ってくれず、駅員が弁当を食べるまで待てねばならなかった。郵便小包も紐を2箇所ずつ縛り、荷札を2箇所つけねばならなかった。手間隙がかかったが、配達区域外が多くあり、駅留めも珍しくなく、布団などを駅へ近所の店でリヤカーを借りて取りに行った記憶がある。

 時間の余裕のある学生であったからそれでも良かったが、4年になり関西に企業に就職が決まり、荷物を送付する時は宅急便の世話になった。それは便利、電話1本で下宿まで取り来てくれる。なんと便利になったと感激した思い出がある。

 最近会社でクロネコヤマトの「コレクトサービス」や、「ペイメントサービス」を活用し、通信販売もしている。これも品物の配送と代金の回収をしてくれる仕組みである。

 最近は社業から引退され「スワンべーカリー」という障害者雇用支援のベーカリーもこしらえて活動もされ、多大な実績をあげられていました。

 あくまで「顧客志向」の運送屋をめざした小倉昌男さん。ご冥福をお祈りしたい。

kuroneko

|

« やはりブラジルは別物 | トップページ | 7月2日のはりまや橋サロン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/4781097

この記事へのトラックバック一覧です: 小倉昌男氏の逝去を悼む:

» 宅急便の生みの親 小倉昌男氏死去 [社長の本音日記]
宅配便の代表ブランド「宅急便」を生み出した元ヤマト運輸社長 小倉昌男氏が逝去されました。享年80歳。 読売新聞「おくやみ 小倉昌男氏=元ヤマト運輸会長」 http://www.yomiuri.co.jp/national/obit/news/20050630zz22.htm 朝日新聞「元ヤマト運輸社長の小倉昌男... [続きを読む]

受信: 2005.07.01 15:25

» 宅急便の父、逝く [常務日記]
ヤマト運輸「宅急便」生みの親 小倉昌男元社長が死去FujiSankei Business i. on the Web 2005/7/1ヤマト運輸元社長の小倉昌男氏が亡くなった。80歳だった。体調を崩されていたことは何かで読んで知っていたが、それにしてもあまりに急な訃報にショックを受けている。有名な方なので詳し... [続きを読む]

受信: 2005.07.01 19:37

» 小倉昌男先生 ご逝去 [うちの嫁さんと息子達]
私の心の師である 小倉昌男先生がお亡くなりになられた。 当然のことであるが、一度もお会いしたことなどはなく、出版された書籍などを拝見し 感銘を受け、勝手に心の師とさせていただいた。 宅急便事業を始めるに当たり、周囲の反対や官庁との対決といった困難を乗り越えて、 事業を拡大されたことに加え、『サービスが先、利益は後』といった名言や、私財を投 げ売ってヤマト福祉財団を設立されたことを知り、心から尊敬させていただい... [続きを読む]

受信: 2005.07.02 17:13

» 小倉昌男氏へ [公務員試験合格を目指す todayの部屋.com]
訃報 本当に尊敬しています。 これからの日本に最も必要な方でした。 何冊も著書を拝読させていただき感銘を受けました。 彼が日本の経済界、経営界、福祉界にもたらした影響は計り知れないはず。 とにかく素晴らしい方でした。 大学時代、経営学を勉強し何人もの... [続きを読む]

受信: 2005.07.03 22:30

« やはりブラジルは別物 | トップページ | 7月2日のはりまや橋サロン »