« ひどすぎるメディアの選挙番組 | トップページ | 信用出来ない大手メディア »

2005.08.23

やはり田中康夫氏はメディアの取扱いが上手

 なにかと話題の田中康夫長野県知事。郵政民営化反対の自民党前議員らと新党をこしらえ 新党日本党首になった。テレビ受けのする派手な演出。テレビ受けのする適切な歯切れの良い言葉。流石は、マスメディアを味方につけ、「出直し知事選挙」を勝ち抜いた人である。
 田中康夫氏から見れば、今回の小泉首相の「出直し選挙」など、茶番に思えたに違いない。都市型選挙区ではミニ政党であるけれどもメディアのつぼを知っている田中氏のプロジュースは面白い。

 国会にある各政党控え室をマスメディア大勢を引き連れて挨拶し、民主党の「日本の選択 はじまる」は自分のコピーであり無断で使用していると発言、話題をこしらえている。メディアの取扱いはこの人は実に上手いし実績がありますね。
 そういえば田中康夫知事は2003年の高知県知事選挙で橋本知事の応援で来られていましたね。話のつかみの上手な人物ではあります。

ヤ・シーと老練政治家、壮士との共演街頭ライブがありました。

「 郵政民営化是可選挙」と小泉氏のパフォーマンスに大手メディアも乗っかったつまらぬ3文芝居の総選挙でしたが、面白いキャラクターの登場に目が離せなくなりました。
 ムネオさんに,辻元さん。国民新党もありますし。やはり賑やかでないと選挙は面白くありません。

tanaka6

|

« ひどすぎるメディアの選挙番組 | トップページ | 信用出来ない大手メディア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはり田中康夫氏はメディアの取扱いが上手:

« ひどすぎるメディアの選挙番組 | トップページ | 信用出来ない大手メディア »