« 強風の中でのセーリング | トップページ | 橋と橋までかけはしまつりの打ち上げ »

2005.10.23

朴玉仙ハルモ二を見送りました

 多くの高知県民に感銘を与えた韓国のから来られた朴玉仙(パク・オクセン)ハルモ二(おばあさん)が午後6時高知駅発の松山行きバスで帰国の途に着きました。
 実行委員会のSARADとwinnd of peaceの若者達と松尾美絵さんとともに見送りに行きました。

harumoni03


 今日は桂浜や五台山などの高知観光され、お土産を買われたそうです。わたしも見送りのおりご挨拶をさせていただきました。日本語で「ありがとう」と言われました。
 本当にお元気なハルモ二でした。

 今回は松山経由で、高知での証言集会のためだけに来日いただきました。でも多くの日本人に感銘と衝撃を与えました。「日本人も捨てたものではない。」と思っていただけましたら幸いです。いつまでもお元気でいてください。カムサハム二ダ。

05A23008_R


|

« 強風の中でのセーリング | トップページ | 橋と橋までかけはしまつりの打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/6532993

この記事へのトラックバック一覧です: 朴玉仙ハルモ二を見送りました:

« 強風の中でのセーリング | トップページ | 橋と橋までかけはしまつりの打ち上げ »