« 出張でパソコン持参 | トップページ | ユニバーサルな道路づくり »

2005.12.07

どの地方都市も現状は厳しい

高松市に久しぶりに宿泊しました。この都市は昔は四国の玄関(鉄道にすれば四国の入り口)であり、大企業の支店や国の出先機関が集中し繁栄した時代がありました。しかし今では大企業は「統合」が進み、高松から撤退が相次いでいます。

akitennpo_R


 また高松も郊外に大型ショッピングセンターが出来、中心市街地が空洞化し、空き店舗が増加しています。まちづくりのさまざまの試みがされているようです。トライ中であり、効果がでるのはまだ先のようです。

kokutiban_R


 飲食店の多いライオン通り商店街も空き店舗が最近増えているようです。出張のたびに訪れた飲食店も2年前に閉店しましたし。確かに昔は「ネクタイ族」の親父が狭い通路を歩けないぐらいいましたが、今や、自転車が疾走する通路になっています。

raion_R

|

« 出張でパソコン持参 | トップページ | ユニバーサルな道路づくり »

コメント

年々地方都市の中心部がどこも寂れていくことに危機感を持っています。
 ビジネス客として宿泊しても、「お気に入りの」飲食店がないからです。ひっどい時は近くクコンビニで弁当を購入。部屋で食べるときもあります。なにか空しくなりますね。

投稿: けんちゃん | 2005.12.09 08:37

安芸も地方の地方都市でしょうか?

投稿: 山藤花 | 2005.12.08 06:24

丸亀の駅からお城に向かう商店街もひどかったな、同じようなものを扱う店が二条、商店通りを抜けているが魅力がなかった。

高知市の帯屋町、3年間で45%も路線価が低下している。
周辺に老人施設を作るのではなく、賑わいのある中心部にこそ作っては如何だろうか。
追手前小学校や第六小学校は越境入学OKの特別学区になっている。それなら「年齢超過」のお年寄りも小学生と混在させては如何だろうか。

投稿: げしたかゆき | 2005.12.07 20:32

京都では徒歩圏を重視したまちづくりの委員会まで作って取組んでいますね。
都会でも一部の繁華街と駅ビル、大規模SC以外はガラガラです。
ただ、団塊の世代がクルマに乗らない時代になると、徒歩圏が再び賑わうと思います。
そのあたりをターゲットに考えて行きたいな、と一応思っています。

投稿: takeyan | 2005.12.07 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/7505524

この記事へのトラックバック一覧です: どの地方都市も現状は厳しい:

» 安田純平氏 [四万十通信]
[プロフィール] 1974年3月16日生まれ。埼玉県入間市出身。少林寺拳法二段。 1997年、信濃毎日新聞社記者に。北アルプスの山小屋のし尿処理問題を扱った連載「待ったなし北アし尿処理」に参加。その後、信州大学の脳死肝移植を取材。 2002年3月アフガニスタン取材(休暇)。 2002年12月、イラク取材(休暇)。 2003年1月退社。フリージャーナリストに。 2003年2月、イラクを取材。一時出国するも開戦直後に偽造「人間の盾」ビザで再入国。ホテルに泊まって勝手に取材するつもりが... [続きを読む]

受信: 2005.12.08 06:12

» 安芸遺産 [バーチャル[こうち自然村]]
■あきさんぽ  写真集「高知遺産」が評判になっているが、その地方版第1号として「安芸遺産」を探ろう、という企画が、安芸市で行われました。参加者は「レトロな安芸」をテーマに、中心市街地の様々な場所を探検し、カメラに納めました。県立美術館・高知遺産プロジェクトの主催。参加者20名によって撮影された写真は、後日、県立美術館の創作室ロビーに展示される予定とか。  なかなか安芸はおもしろい町です。  まずは安芸歌子さんとご対面。  昔は相当栄えてた町のようです。ここは「安芸の五番町夕霧楼... [続きを読む]

受信: 2005.12.08 06:18

» 今日は何の日? [西やんのNPO奮闘記]
「umiyukaba.ram」をダウンロード 日本時間1941年12月8日(ハワ [続きを読む]

受信: 2005.12.08 06:57

» もう一つの今日 [西やんのNPO奮闘記]
「imagine.wav」をダウンロード 1980年12月8日、ニューヨーク市の [続きを読む]

受信: 2005.12.08 07:43

« 出張でパソコン持参 | トップページ | ユニバーサルな道路づくり »