« 今年最初の献血で思う事 | トップページ | 石焼ビビンバ »

2006.01.06

地域社会への関与こそ国を変える

 お正月休みは、2日に夜須で寒風のなかセーリングした以外は、昨年11月26日の「安田純平さん講演会」のテープ起こしをしていました。
 講演のなかで安田さんは「これからの日本は劇的に変化するかもしれません。でも皆さんが地域社会や教育の問題をきちんと真剣に考え、取り組まれていれば恐れることはない。」とも言われました。

 日本を離れ、イラクや中東諸国を歴訪されているジャーナリストの安田純平さん。安田さんから「地域社会の大事さ」という言葉が出るとは正直驚きました。でも考えますと、地域社会の崩壊は、やはり国の崩壊なのですね。
 イラクで一昨年安田さんを拘束した人たちも地域の自警団グループ。政府警察機能が戦争で崩壊したので、地域ぐるみの活動なのでしょう。

 また安田さんは「事情も聞かずいきなりミサイルを撃ち込む相手を誰が信用しますか?」とも言われました。地域社会をこしらえるという観点からもイラクでの米軍の行動は大きく逸脱しているようです。

siminsanka5ehashigodan_thumb


 日本国が国が地方を面倒見ない宣言をしました。であるならば、地方人は、自らの知恵と相違で自分達の力で、地域を元気にすれば良いのです。
 1870年のパリ・コンミューンも国家からの自立をめざした住民自治の先駆例なのですから。目指すのは「住民によるコントロール」です。

|

« 今年最初の献血で思う事 | トップページ | 石焼ビビンバ »

コメント

これは私の反省でもあるのですが、地域社会に関心を持たない男性社会人が多すぎます。
国のことを、日刊ゲンダイ片手に居酒屋で嘆いても何も変わらないけど、身近な行政なら自分たちで変えられるんだから。
何より、若い頃から地域社会と付き合っていないと、退職後も会社の仲間とばかり飲み歩くことになります。

投稿: takeyan | 2006.01.24 10:33

  KUMA0504さんコメントとTBありがとうございました。全国を旅されているのですね。車窓の風景はまた異なるでしょうね。
 今年はことさら雪が多いので、無理をしないようにしてください。

投稿: けんちゃん | 2006.01.12 09:42

中江兆民のふるさと高知からTBありがとうございます。
憲法改悪を許さないよう、何らかのアクションをしていきたいと思っています。
……といいながらあまり関係のない記事ですが、TBさせてもらいます。

投稿: KUMA0504 | 2006.01.07 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域社会への関与こそ国を変える:

» 九州平和と古代を訪ねる旅(1) [再出発日記]
12月17日(土)一日目 岡山〜下関かねてからしたいと思っていた『放浪の旅』に出かけることにした。泊りは原則、車の中。行き先は九州。テーマは「平和と古代を訪ねる旅」。できるだけお金は使わない。ガソリン代をのけて8日間3万をめざす。出発からトラブル実際は...... [続きを読む]

受信: 2006.01.07 23:03

« 今年最初の献血で思う事 | トップページ | 石焼ビビンバ »