« 市民が選定した防災用品 | トップページ | ナチスは形を変えて現れる »

2006.02.21

ちんなおんちゃんの評価

 確かセンター試験の頃朝日新聞の記者さんが、取材に来られていました。掲載されないので、てっきり没になったと思いきや、今朝の高知版の「人ひととき」コーナーに写真入で記事になっていました。

朝日新聞高知版記事

 その見出しは「開局以来6年間 存分にほえ続け」とありますね。2000年に開局した高知シティFMにて、毎朝通勤時間帯に「けんちゃんの吠えるウォッチング」「けんちゃんのどこでもコミュニティ」を制作し、出演していた関連の記事ですね。


 隣の記事も80歳になるアマティア漫画を趣味とするおじさん。こちらは漫画愛好者に呼びかけ日曜市で漫画コーナーをこしらえ、人寄せに活用しているとか。なかなかユニークなおじさんですね。

hoeru-asahi


 高知の方言で「ちんなおんちゃん」(変なおじさん)ということなのでしょう。ラジオは辞めてもインターネットのブログで毎日吠え続けていますし。
 私の葬式の時は「あんなちんなおんちゃんはおらんかった。」と参列してくれた人たちが、話題にしてわいわいとお酒でも楽しんで飲んでいただいたら最高の人生でしょう。それが名声とも財産とも無縁な私の最大の賛辞であると思いますので。

|

« 市民が選定した防災用品 | トップページ | ナチスは形を変えて現れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/8767629

この記事へのトラックバック一覧です: ちんなおんちゃんの評価:

» 歴史・文化で地域おこしを! (漫画編) [バーチャル[こうち自然村]]
予告編 <メルマガ:四万十通信> ■ドキュメンタリー『それは新荘川からはじまった・・・』                  <片岡正法県地域支援企画員:須崎市役所駐在> ◆高知市追手筋の「日曜市軒先まんがギャラリー」が生れるまで          1 はじめに 「日曜市軒先まんがギャラリー」とは?  『日本漫画家協会のHPの「イベントのお知らせ」コーナーに、早速取り上げられ、早くも全国的に注目されています!』  2 新荘川の河川環境改善活動の芽生え・・・ ... [続きを読む]

受信: 2006.02.21 18:45

« 市民が選定した防災用品 | トップページ | ナチスは形を変えて現れる »