« サロンの意味を考える | トップページ | 地震フォーラムに参加 »

2006.05.10

思想なき都市計画は無謀

 以前私は県の都市計画マスタープラン策定委員会に公募委員として参加していました。国の締め切りの関係なのか僅か半年で高知広域エリアのマスタープランをまとめなくてはいけないというもの。最初から滅茶苦茶な話ではあります。

 都市づくりといえば、土木建築関係者ばかりでなく、福祉や医療、教育、警察、消防、レクレーションなどの専門家が当然委員にいるものと思っていました。公募の12人の県民も私以外はコンサルの人。35人の行政関係者は県と市町村の土木部門の職員。これで何をするのでしょうか?

 手法として「ワークショップ」が多用されました。しかし集まった人たちの職種も偏り、時間も殆どなく、議論もしないワークショップが「民意」を集めたと言えるのでしょうか?

 当時の委員会の様子をレポートしました。


都市計画マスタープラン策定委員会

 新堀川の埋め立てや暗渠にすることについて、市民の声をどのようにして収集したのでしょうか。最近になって関心が高まったということは、悪いことではありません。県民の地域を思う心が表れたのですから。ですので、それを再び集約し、時間をかけてもっともふさわしい道路計画と、周辺環境整備をするべきでしょう。
Kendourokeikaku1

|

« サロンの意味を考える | トップページ | 地震フォーラムに参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/10000113

この記事へのトラックバック一覧です: 思想なき都市計画は無謀:

« サロンの意味を考える | トップページ | 地震フォーラムに参加 »