« ぷらっとこうちを閉鎖してはならない | トップページ | 「行動は言葉」 橋本知事にものもうす »

2006.08.16

我が家の終戦記念日について

 ちょうど正午のニュースの時間帯でした。日本武道館での全国戦没者追悼式をNHKが中継し、黙祷が1分間され、その後天皇陛下のお言葉が述べられました。戦没者を追悼するととものに、強い平和への意志をお言葉に感じました。

 天皇陛下のお言葉が終わるや否やテレビは、小泉首相の靖国神社参拝問題に画面が切り替わりました。これには珍しくうちの子供たちが怒っていました。「首相のパフォーマンスなんかどうでも良い。それよりも遺族代表のメッセージや、各界の人たちのメッセージを聞きたかったのに。」と言っていました。すごくまともな考えだと思いました。

 8月15日での首相の参拝は21年ぶりのことであるし、当然中国と韓国は反発するでしょうからニュース性はあるでしょう。しかしいささか軽薄な報道のようにも思えました。

 戦没者追悼式をせめてNHKだけでもずっと生中継すべきであると思いました。普段は応援する野球チームでも分裂する我が家(息子は横浜、娘はヤクルト、妻は広島、父は阪神、私は興味なしのサッカーファンですが、珍しく意見が一致したものでした。

 中国や、韓国は靖国を対日本の「外交カード」に利用しています。難しい外交交渉が必要になり、ややこしいことこの上ないですね。
しかしそういうことよりも厳粛な戦没者追悼式をもっと取り上げるべきでしょう。退任する首相のパフォーマンスにつきあうよりも大事なことであると思いますね。

|

« ぷらっとこうちを閉鎖してはならない | トップページ | 「行動は言葉」 橋本知事にものもうす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の終戦記念日について:

» 終戦の日 [西やんのNPO奮闘記]
*原画はhttp://kobe.cool.ne.jp/kuro9630/koi [続きを読む]

受信: 2006.08.16 18:19

» 小泉首相、靖国神社参拝に思う [瀬戸キリスト教会牧師 堀 俊明, 西風の会代表 (躁鬱病とアル...]
 小泉首相が終戦記念日に靖国神社を参拝しました。去年は普通の日に一般参拝者に交じり参拝しました。私服で参拝し、ポケットから取り出した500円玉を賽銭箱に投げ込み、黙礼をしただけでした。記帳もしませんでした。このスタイルならば私的参拝の要件に適い、政教分離...... [続きを読む]

受信: 2006.08.18 09:15

« ぷらっとこうちを閉鎖してはならない | トップページ | 「行動は言葉」 橋本知事にものもうす »