« 検閲機関(ぷらっとこうち)の運営メンバー一覧です | トップページ | デカダンすごろく? »

2006.08.04

戦艦大和は何故人気があるのか?

 自分は「3丁目の夕日」世代であり、こち亀世代でもありますね。昭和30年代が子供時代で、漫画週刊誌の初期の愛読者でもあり、プラモデル製作者でもありました。
 当時少年雑誌に小松崎茂氏などの精緻な軍艦や戦闘機の絵があり、プラモデルでそれを再現しようとしていました。

 戦艦大和もゼロ戦と同様悲劇の話で終わります。3300人の乗組員と絶望的な特攻作戦を行い沈没しました。まさに「海の藻屑」になりました。
 呉市の大和ミュージアムへ行き、展示を見ました。しっかりした構成で展示は配置されています。じっくりと当時の日本の社会状況、科学技術、世界の状況などの説明があり、大和の誕生とその壮絶な死に至る歴史は重たいものがありました。
Yamato1941
 「戦意高揚」などという軽々しいものではない。死を覚悟した乗員全ての意志が平和をめざしていたようでした。僅かに生存した乗組員も必ず平和の尊さ、二度と戦争はいけないと言われていますし。その重さを感じることが出来ました。

 秘密兵器ゆえに残された画像は少ない戦艦大和。写真は展示館前で販売されていました「大和おむすび」の外を包んでいました。全速力で航行する戦艦大和です。

|

« 検閲機関(ぷらっとこうち)の運営メンバー一覧です | トップページ | デカダンすごろく? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦艦大和は何故人気があるのか?:

« 検閲機関(ぷらっとこうち)の運営メンバー一覧です | トップページ | デカダンすごろく? »