« エコツーリズムは高知の救世主? | トップページ | 天木直人さん講演会について 10月13日(金) »

2006.10.07

第2回昭和小校区防災協議会

10月7日土曜の午後7時から、昭和小学校で第2回昭和小学校校区の防災協議会が開催されました。最初に高知市役所防災対策課から、南海地震関連のVTRや説明があり、具体的な協議に入りました。

 前回の会議で防災のイベントを12月3日にしました。それのための会議です。関係者40人が集りました。はじめに高知市防災対策課山本係長より、パワーポイントを使用した南海地震とは?の説明がわかりやすくされました。
Syouwa1_r
 約1時間の説明でしたが、あらためて「なるほど」と思うようなところがありました。津波と風による波(高潮など)との違いは、大量の水が壁ととなって押し寄せるのが津波であることですね。

 自助、共助、公助の比率は。7対2対1だそうです。阪神大震災も97%は自力で家族でご近所の協力で助かったと言います。しかしその情報を伝達する方法も、昔の知恵のある人が土手に桜を植えお花見を町民がしました。それは人を楽しい思いをさせて集めることで土手を踏め固め、丈夫な堤防をこしらえることにあったと。

 アイデアはその後の討論でいくつか出ました、次回打ち合わせはは10月28日の予定です。その日は新堀小学校の「新堀小学校防災ファア」の日です。あらかじめ見学して参考にしようということになりました。

 二葉町でも自主防災組織の立ち上げの為の世帯調査が現在行われています。調査は大変でした。わずか100メートルの地域住民全員に面談するのに2週間かかりました。でも皆真剣で茶化す人は1人もいませんでした。ふだん町内会活動に熱心ではない人もそれは真剣でした。
Syouwa2_r
 ですので次回のテーマは「情報の共有化」ではないかと思いました。大人もこ子供も、行政も市民も情報を共有化することですね。

|

« エコツーリズムは高知の救世主? | トップページ | 天木直人さん講演会について 10月13日(金) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/12189633

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回昭和小校区防災協議会:

« エコツーリズムは高知の救世主? | トップページ | 天木直人さん講演会について 10月13日(金) »