« やらせに謝礼と強行採決なのか? | トップページ | 国民投票で教育改革の是非の決着を »

2006.11.16

オホーツク地震の津波には驚き

 昨日はサッカーアジアカップ最終予選「日本VSサウジアラビア」を見ていました。3対1で日本がリードしていた後半35分頃、テレビが「緊急避難放送」(NHKが全チャンネルそうなりました)に切り替わりましたね。

 震源地は千島列島の東沖、択捉島の東北390キロ付近。マグニチュードは8・1とされています。テレビで繰り返し、北海道と東北地方の太平洋沿岸部の人は高台に避難するように避難勧告が出ています。

 それ以後NHKがすべてその津波の画面に。
 さてこれをうちの町内で置き換えた場合は高台は自然地形ではありません。その場合はビルへ逃げるか昭和小学校へ行くかでしょうか。1階に住んでいるアパートの人たちには声掛けはしないといけないでしょう。
Futaba3_r_1

(低地で海に近い町内で逃げ込む場所の確保が最大の課題)
 場合によっては避難誘導もすべきでしょうか。隣近所が声掛けすることが必要です。防災無線も情報を伝えるでしょう。しかし夜だと行動は制約されるようですね。幸い被害はなかったようでなによりでした。

 おかげで日本がサウジアラビアに3対1で快勝しましたが、それどこれではない気分になりました。
Futaba4_r_2

|

« やらせに謝礼と強行採決なのか? | トップページ | 国民投票で教育改革の是非の決着を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/12705239

この記事へのトラックバック一覧です: オホーツク地震の津波には驚き:

« やらせに謝礼と強行採決なのか? | トップページ | 国民投票で教育改革の是非の決着を »