« 私なりのブログ論について 1月26日(金) | トップページ | つくられた納豆ブームに苦言 »

2007.01.22

よくやったそのままんま東氏

 宮崎県知事に当選したそのままんま東氏。堂々の当選。タレント色を排し、地道に政策を有権者に説いて、辻説法に徹していたとか。タレント時代に間違いもおかしたそうですが、隠さずに事情を説明する姿は良かったですね。

そのまんま東氏のサイト

 政党色、組織主導の動員型選挙に地方で風穴を開けたことは評価されますね。提案した政策をすぐに実行していただきたいものです。
 組織の力で当選すれば、結局組織の「奴隷」になることですし。談合の根は残るのでね。

自民党、公明党、民主党、共産党のような「組織政党」の推薦候補に圧勝しました。それも高知同様の田舎の保守王国といわれている宮崎県での出来事ですので大変意義がありますね。

 ただ昨年「もったいない」を合言葉に新幹線駅舎建設反対を掲げて当選した滋賀県知事や、「脱ダム宣言」を掲げ県政を改革を目指していた前長野県知事のように、県政改革の前途は厳しいものがあるでしょう。少数与党で始めるのですから。

 当選後のインタビューでも引き締まった表情は、彼の真剣さを表し、有権者はその真摯さに期待したのでしょう。思い上がった政党関係者に一撃を与えた選挙戦でありました。


  宮崎県民の賢明な判断に敬意を表します。

|

« 私なりのブログ論について 1月26日(金) | トップページ | つくられた納豆ブームに苦言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よくやったそのままんま東氏:

« 私なりのブログ論について 1月26日(金) | トップページ | つくられた納豆ブームに苦言 »