« もらい逃げを国が許す筈はない | トップページ | 国権主義の台頭を許すな »

2007.03.08

従軍慰安婦問題をどうするつもりなのか?

 米国の下院で審議されている旧日本軍による従軍慰安婦問題。非難決議が出そうな雲行き。安倍首相は国会の質疑で「心外である」と回答、韓国政府が反発しているとか。

 生き証人は現実にいることですし、性暴力を告発することは勇気の要ることですね。戦後61年も経過しているのに何故この問題がアメリカで蒸し返されたのか?その社会的は背景はなになのか考えないといけないでしょう。
Pakuaisatu

2年前に高知で元従軍慰安婦の韓国人女性の証言を聞きました。講演後の交流会でも話を聞きましたが、うそで偽りの話ではないリアリティを感じました
 日本政府は歴史教科書からも「従軍慰安婦」の記述を削除し、公式には否定的発言をする人達がいまや政府の閣僚になっています。
Rekishiianfu_thumb


 日米同盟を誇示しながら、この問題では日米両政府で見解の相違が未だにあるようです。北朝鮮の拉致問題を主張するのであれば、この従軍慰安婦問題も知らん顔は出来ないでしょう。安倍内閣は難しい対応を迫られますね。恐らく対応出来ないと思いますね。

|

« もらい逃げを国が許す筈はない | トップページ | 国権主義の台頭を許すな »

コメント

文玉珠は戦前の日本円で2万6千円の多額の貯金を持っていたことが明らかになった。一九九二年五月二百の毎日新聞に、文玉珠の預金通帳についての記事が載っている。その通帳によれば、一九四一二年から一九四五年の間に12回振り込みがあり、その預金残高は2万6145円に上っている。これは今の金額にすると数千万円に相当する。当時日本軍の陸軍大将の年俸は6600円だった。従って文玉珠は陸軍大将の約二倍稼いでいたことになる。!
 また元海軍中佐重村実は彼女らの前借金が4000円から5000円であったと言っている。そして彼女らはこの前借金を三カ月から半年で返し、平均的な貯蓄額は5~6000円から一万円持っていたと言っている。その中には三万円も持っている人も居て、皆驚いていた。アメリカの反撃が予想以上に早く、彼女らの中には爆撃で死んだ人も居た。また前借金の返済が終わったにもかかわらず、船がなくて帰ることが出来ず、前線で亡くなった人も居る。しかし終戦と共に彼女らの大半は日本に帰った。千田夏光の『従軍慰安婦正篇』には一九三七年(昭和12年)位の話として、内地にて前借金1000円で集めたとしている。そして彼女らは遅くても数カ月で借金を帰し、自由の身になったが誰もこの商売を止めなかったと書いている。
(P114~116)

 ちなみに、2万6千円とは、当時では家が26件も買えた金額だそうで、これが、虐待されたと騒いでいる朝鮮人自称慰安婦の実態です。何度も書きますが、この朝鮮人たちは売春婦だっただけなのです。
そして、売春は今でも南朝鮮では年間26兆ウォン(約2兆6000億円)台の規模であり、専業女性がおよそ26万人もいるのです。

http://japanese.joins.com/html/2003/0206/20030206152238400.html


■強制連行・拉致なんてウソ!でっちあげ!
かつて吉田証言という決済州島で1000人の慰安婦が強制連行されたという証言を朝日新聞がさかんに引用したが、現地調査により全くのウソである事が判明し、本人もこれを認めている。朝日新聞の朝鮮人が強制連行をでっち上げ、ウソの証言を作りさらに韓国側が河野官房長官に河野談話に“強制性”強制を盛り込む様に執拗に要求していた事が判明された。全くのデタラメな話である。

投稿: 反韓遊撃隊員 | 2008.04.15 04:16

日本軍による強制があったという証拠は、現在のところ、なにひとつないですね。
http://jp.youtube.com/watch?v=PjWW5DWV7J4

投稿: 彩雲 | 2008.04.14 12:59

 aさんコメントありがとうございました。

「従軍慰安婦」の問題は重たい問題ですね。被害者が訴えているのですから、やはり事実はあったと思います。

 小林よしのり氏の漫画も何冊か読みましたが共感は得ません。最近は沖縄戦についてはまじめに現地取材しているようですが。

 石原慎太郎氏にしても「内弁慶」発言に過ぎなくて、オリンピック誘致をするなら北京で意思表明(支那人などと)も発言すれば良いのです。相手国へ行ってきちんと話せないことは、やはり真実性に欠けると思います。

 軍が拉致したのか、民間会社がしたのかはどうでも良いのです。軍の後ろ盾がなければ慰安所はできないし、アジア各地の女性たちが被害者であることには変わりはありません。

 被害者と対話して相手を納得させてこそ、その主張は信憑性が得られるというものです。

投稿: けんちゃん | 2007.03.22 19:33

とにかく慰安婦問題については、小林よしのり著「戦争論2」の「総括・従軍慰安婦」を読んでみてほしい。
あらゆる関連本の中で一番良い。
この問題の全容も把握できる。

投稿: a | 2007.03.20 08:59

 元気さんコメントありがとうございます。

 確かに日韓基本条約で政府間の協議は解決しました。しかし当時は韓国は軍事政権時代。言論の自由がなかっ時代と聞きました。最近民主化され、初めて明らかになった事実もあり、植民地時代に軍の手先になり人権抑圧をした韓国の戦犯の追及がつい最近始まったと聞いています。

 ナムルの家で生活されているおばあちゃんの証言は嘘ではないと思います。儒教の伝統が日本より遥かにきつい韓国社会で、性暴力の被害を訴えることは大変なことであると思いますね。

 元気さんが言われるように、日本政府は曖昧にせずはっきりすべきでしょう。先般の中国の残留孤児の問題では、冷たくはっきりした態度をとるのにこの問題で、曖昧な態度は政治に翻弄されたこともあります。

 アメリカ議会まで乗り出して騒動になっています。今まで日本政府は曖昧にしていまして、最近になって急に強気の態度に出ています。安倍首相も米国の下院へ出向き自己主張されたら良いと思います。

投稿: けんちゃん | 2007.03.08 12:21

慰安婦問題も含め謝罪や賠償(保障)に関して日韓基本条約で両国同意の下、すべて解決ずみなのに、さらに賠償を請求するなんて、やっている事は交通事故で示談が済んだ後にさらに因縁をつけて金を巻き上げようとするチンピラと一緒で恥ずかしくないのでしょうか???

現在、軍による「強制連行」されたという事実を示す証拠は一切無いわけで、出てきている証拠は民間業者が慰安婦募集をかけ人を集めただけのことに過ぎず、現代で言えば合法的な風俗産業であったことが読み取れます。

証言だけなら何とでも言えます。強制連行があったとすれば、その証拠をきちんと揃えて反論すべきでしょう。

また、日本政府も毎度のようにうやむやにせず、今回の件をきっかけに、国際社会に向けてしっかりと「真実」を訴え証拠を示し反論すべきですね。

投稿: 元気 | 2007.03.08 11:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 従軍慰安婦問題をどうするつもりなのか?:

» “「従軍慰安婦」もうかる商売”(赤旗)=いわゆる「従軍慰安婦」... [タカマサのきまぐれ時評]
■もう10日もまえの記事だが、安倍首相が「謝罪」したなかみに、この発言はふくまれていたのだろうか?2007年4月21日(土)「しんぶん赤旗」自民・中山元文科相が暴言“「従軍慰安婦」もうかる商売”“ほとんど日本の女性”---------------------------------------- 自民...... [続きを読む]

受信: 2007.05.02 20:11

« もらい逃げを国が許す筈はない | トップページ | 国権主義の台頭を許すな »