« 東洋町を環境保全の町に! | トップページ | 高知県庁は核のゴミ処理場問題の情報公開を »

2007.04.05

三浦和良選手は立派

 横浜FCの三浦和良選手が今日のTBS系「みのもんたの朝ズバ」へ生出演していましたね。昨日の静岡での試合の翌日ですけれどもなかなかプロ根性があります。懸命に4月14日の横浜スタジアムのホームゲーム(対鹿島戦)で、観客7万人を目指したいといっておられました。

昨年引退したプロ野球の新庄選手が「札幌ドームを満員にして、優勝しみんなで喜びたい」と言われたことを思い出します。サポーターと一体となって盛り上がるのがプロスポーツであると思います。

 1993年のJリーグ開幕時からのスター選手。日本のサッカーがここまで盛り上がった台功労者の1人です。三浦選手は残念ながらW杯本大会の出場はなりませんでしたが、40歳になってもひたむきにサッカーに打ち込む姿は感動的です。

 中田英寿選手はあっさり引退してしまいました。それも一つの生き方です。三浦選手は現役にこだわり、節制し試合に出ています。立派であると思います。駅前でチラシ配りをされていました。選手でありながらサポーターを大事にする姿勢は立派です。


  カズ 観客動員へビラ配った!(スポニチ)

 「ドーハの悲劇」(1993年)の日本代表選手で今でも現役は三浦選手と、中山ゴン選手ぐらいでしょうか?沢登選手も引退しましたし。
 本当にサッカーが好きで頑張っていることには敬意を払いますね。

|

« 東洋町を環境保全の町に! | トップページ | 高知県庁は核のゴミ処理場問題の情報公開を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三浦和良選手は立派:

« 東洋町を環境保全の町に! | トップページ | 高知県庁は核のゴミ処理場問題の情報公開を »