« 核のゴミ処理場ー青森と愛媛が危ない | トップページ | 憲法9条は変える必要はありません »

2007.05.03

日本国憲法の意義をまじめに考えよう

 しかし日本国民は本当に安倍晋三氏の言うことを支持しているのでしょうか?また憲法を改正することを国民はのぞんでいるのでしょうか?NOであると思います。

 日本国憲法は「GHQの押し付け憲法だ」と憲法改正論者は言い張りますが、結果責任はGHQであるとしても、草案の殆どは在野の日本人の憲法学者や研究者、ジャーナリストのグループによってつくられたものでした。焼き跡からの日本国憲法でそれは証明されています。
 5月13日に高知市自由民権記念会で上映されます映画「日本の青空」です。

(日時) 5月13日(日曜) 午前9時40分から11時43分

(場所) 高知市自由民権記念館(民権ホール)

(鑑賞費)1000円

 憲法改正運動の「まやかし」にいちはやく気がつくことです。
Nihonoaozora1

|

« 核のゴミ処理場ー青森と愛媛が危ない | トップページ | 憲法9条は変える必要はありません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本国憲法の意義をまじめに考えよう:

» なに、自民党のお歴々は憲法学の専門家だったのか? [タカマサのきまぐれ時評]
■「「憲法第9条は平和に貢献」78% 朝日新聞世論調査(朝日)」の続編。■先月、10日ほどまえの『朝日』の記事から。自民、新憲法制定へ集会 首相、改正に強い意欲2007年4月24日(火)21:57(asahi.com)  自民党は24日、東京都千代田区の九段会館で「新憲法制定...... [続きを読む]

受信: 2007.05.04 09:53

« 核のゴミ処理場ー青森と愛媛が危ない | トップページ | 憲法9条は変える必要はありません »