« 意味不明な豪快な号外 | トップページ | 東洋町のあるもの探し  6月29日 »

2007.06.23

第6回福祉機器展を見学しました

 第6回福祉機器展は高知県福祉交流プラザで開催されました。会場が朝倉になりました。自宅から自転車で45分かかりました。結構な距離でした。昨年はかるぽーとでしたので、リハビリがてら歩いて行きましたが・・・。
07623001_r
(自転車では遠い道のりでした。写真は土佐道路)
 主催者のうえるぱ高知の下元佳子さんに聞きますと「障害を持たれた方のご家族は車で来るのでこの会場のほうが良いみたい。もともとは福祉のための建物で全館貸切になるので展示スペースも広いし。」とのことでした。
Shimomoto_r
 1階は住宅改造コーナー。福祉住環境コーディネーターの笹岡和泉さんに会いました。5階まで何らかの展示か、講習会、展示コーナーになっています。

 車椅子、介護用ベット、衣服、介助用トイレ、食料品、パソコン機器など、たとえ障害があったとしても人間としての尊厳を保つ為の補助用具が多く展示されているのには関心しました。
Kurumaisu_r
 OPEN HERATさんたちが、3階で飲食サービスを提供されていました。会場で西やんに会いました。共用スペースでお茶をして情報交換をしました。今回は防災関係はパネル展示に留めたそうです。
Open1_r_1

 大勢の見学者で溢れていました。利用者の立場で開催されている福祉機器展。高知県にはなくてはならないイベントに成長しました。
Kikitenn01_r

|

« 意味不明な豪快な号外 | トップページ | 東洋町のあるもの探し  6月29日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/15532115

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回福祉機器展を見学しました:

» 階段昇降機で見えてくる変化とは? [福祉機器・リフト@情報館]
福祉機器を販売していて見えてきた、バブルの金余り時代と今との違いとは? [続きを読む]

受信: 2007.06.23 18:30

« 意味不明な豪快な号外 | トップページ | 東洋町のあるもの探し  6月29日 »