« 原発こそ耐震偽装そのものではないのか | トップページ | 台風5号で 開店休業状態 »

2007.08.02

みんなで考えよう高知県政(第一報)

 あらゆる経済指数でも良い数字のない高知県。過疎高齢化、少子化が進み人口減の高知県。東京や愛知県の好景気とは裏腹に、公共土木、医療、商業など地域経済は疲弊し、地域社会は沈滞しています。

 地方人の怒りが7月の参議院選挙で現れました。11月に予定の高知県知事選挙はどうあるべきか。5期16年知事を勤められた橋本大二郎氏は勇退を表明されました
 私たちは政党、個人に関係なく、だれが県知事になられても、最低実現していただきたい政策を県民の立場で提案したいと思います。「県民によるマニュフェスト大会」を開催したいと思います。

 主催 県民によるマニュフェスト検討委員会 

代表 窪則光

 日時 8月18日(土曜日)高知女子大学 2階教室
    午後1時から 4時半まで
           
   問い合わせ 窪則光  088-882-3345

   県民によるマニフェスト実行委員会

|

« 原発こそ耐震偽装そのものではないのか | トップページ | 台風5号で 開店休業状態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みんなで考えよう高知県政(第一報):

« 原発こそ耐震偽装そのものではないのか | トップページ | 台風5号で 開店休業状態 »