« 国家の責任と個人の責任という大きな問題 | トップページ | 裏取りしない政党メディアには幻滅 »

2007.09.07

「嵐」の1週間でした

 1週間前の8月31日は1人で起き上がることができませんでした。めまいと吐き気で食事も出来ずひたすら寝ていました。水を飲んでも吐きました。

 午後に内科医へ家族に伴われ診察。点滴を受けたあとも吐いてしまいました。翌日耳鼻科へも行きましたがめまいはありましたので、家族のつきそいが必要でした。

 めまい止めと、吐き気止めを処方していただいて、ようやく落ち着きました。しかしドクターストップがかかったため週末の本山町での「合宿研修会」へは参加することができませんでした。今週念のため脳神経外科で診断していただき、9月6日脳のMRIも撮影しました。

 「脳梗塞が1つ見つかったが全然心配ありません。MRIでたまたま見つかっただけですので。生活習慣も良好だし、血液検査や健康診断の結果も全然問題ないから大丈夫でしょう。」とのことでした。

 生活習慣病の傾向もなく、メタでもありません。自分には思いあたるところは全くありません。今年は予想以上に暑かったのでその影響なのか。仕事もきつい局面が続いていたしストレスもあったようですし。原因はいくつもあったことでしょう。

 出張先でなくて良かったと思います。
Goya9031

(ゴーヤのように暑さに負けずたくましくなりませんといけないですね。)

|

« 国家の責任と個人の責任という大きな問題 | トップページ | 裏取りしない政党メディアには幻滅 »

コメント

 結局原因不明であるということ。ストレスや疲れで方頃になり、脳へ血流が行かなくなりふらつきめまいがおこるとのこと。

 東洋医学系の老師は明快。「左肩に部分にこりがある。ここがゆがみこりができると、目が廻る現象がおこる。そうならないようにすればめまいはおこらない」ということでした。

 要するにパソコンの作業が一番いけないようですね。少し作業の工夫をしないといけないようです。

投稿: けんちゃん | 2007.09.08 06:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/16361761

この記事へのトラックバック一覧です: 「嵐」の1週間でした:

» MRI検査病院検索ナビ [MRI検査病院検索ナビ]
MRI検査病院に関する全国の情報を集めました。 [続きを読む]

受信: 2007.09.07 15:19

« 国家の責任と個人の責任という大きな問題 | トップページ | 裏取りしない政党メディアには幻滅 »