« 郵便局が民営化してどうなるの? | トップページ | 高知とミャンマー(ビルマ)との縁 »

2007.10.01

ブログがつくる市民革命

 アメリカでは実際にブログがメディアになり市民運動に大きな影響を与えているようですね。日本ではまだまだブログを馬鹿にし、卑下する傾向もあります。また匿名掲示板から「罵倒の泥の海」に自己満足する人たちも多い。

 なによりアメリカの市民ブログは行動的であり、実践的であることが大きい。今回東京新聞がとりあげている人もそうですね。

 第一部 <1>政治ブロガー  政界揺るがす行動力(東京新聞)

 民主党の7人の大統領候補者たちが彼ら主催のネット討論会に参加したことからもその実力がわかる。確かに現実を動かしているようですね。

 日本では麻生太郎氏が漫画好きだとか。いわば「代償行為」で自己満足しているだけ。あるいはイラクで人質になった人たちへの誹謗中傷キャンペーンという体制側の手先としてのネット。日本ではネガティブな意味での活用がまだまだ目立ちますね。

 前向きなブログの活用には元気付けられますね。

|

« 郵便局が民営化してどうなるの? | トップページ | 高知とミャンマー(ビルマ)との縁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログがつくる市民革命:

« 郵便局が民営化してどうなるの? | トップページ | 高知とミャンマー(ビルマ)との縁 »