« ある建設業者の倒産 | トップページ | 高知県知事は断固「核のごみ」を拒否する人を! »

2007.11.14

浦和レッズの快挙に拍手

 遂にJリーグの浦和レッズがACLを制しました。Jリーグも連覇がかかっており大事な終盤戦。11日の対川崎F戦ではよれよれになりながらもドローに持ち込むしぶとさを見せました。しかしその対戦でイエローカードが出ましたので次の試合はFWワシントンが欠場が決定。よれよれのJリーグの試合が日曜日。そして中2日で今日の試合。選手は辛いと思います。

 しかし浦和サポーターの声援に押されて、永井とワシントンの長身FWが動き回りました。前半22分に永井の先制ゴール。
 しかしイランのセパハンも中盤をコンパクトにして浦和を押し込み浦和ゴール前は再三のピンチでした。浦和は総力戦で守り抜きました。

 ボランチの鈴木の獅子奮迅の試合運び。ポンテや阿部なども要所に顔を出し、守備で貢献。また攻撃でも相手側を脅かしました。そして後半の20分頃にゴール前で之永井のシュートの跳ね返りを阿部がヘッドで押し込み追加点。

 しかしその後もセパハンはゴールをスペースに出し走りこんでゴールを脅かしました。最後まで油断のできない好試合でした。結果は2対0で浦和の勝利でした。

 浦和レッズが優勝! 日本クラブとして初のACL制覇(サンスポ)


 日本のサッカーもここまで来たかと思いました。

 スタジアムを真っ赤に染めた浦和サポーターのパワーが選手を励ましたのでしょう。これで12月の世界クラブ選手権も俄然面白くなりました。ヨーロッパや南米のクラブチーム相手に浦和がどこまで食い下がれるかが見ものです。

 しかしこの好試合BS朝日しか見れないのは残念でした。かろうじてケーブルTVで見れましたが。今日など不祥事続きの大相撲はがらがら。浦和スタジアムは6万人の観客で超満員。NHKも地上波で中継すべき試合でしたね。

|

« ある建設業者の倒産 | トップページ | 高知県知事は断固「核のごみ」を拒否する人を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦和レッズの快挙に拍手:

« ある建設業者の倒産 | トップページ | 高知県知事は断固「核のごみ」を拒否する人を! »