« 政治家の言葉の軽さについて | トップページ | 話題の中心は今でも橋本大二郎さん »

2007.12.17

日本と世界との差を感じる

 サッカーのクラブ世界選手権は欧州のACミラン(イタリア)がボカ(アルゼンチン)を破り優勝しました。日本の浦和は3位になりました。
 やはりサッカークラブ、プロサッカーで100年以上の伝統がある欧州や南米の選手は動きが違いますね。

 ボカは若手の選手が多かったようです。ミランは老練な選手が多いようでした。その差が出たのでしょう。ミランはどうしても欲しいタイトルだったようで、時差調整も完璧でしたし。

 大会最優秀選手になったカカ選手に対し、3人4人で包囲してもドリブルが止められない。長身でありながら俊敏な動き。速さ。レベルが違いました。

 浦和と対戦したアフリカのエトワール・サヘルも身体能力と技術のある選手が多かったです。浦和の快進撃を支えたワシントンもポンテもブラジル人。日本のクラブはまだまだサッカー王国の助っ人に手助けされているのが現状。

 日本のプロ野球が70年の伝統があり、イチローなど大リーグ記録を塗り替える選手が出てきました。日本のサッカー選手が欧州や南米で正当に評価され、MVPを獲得できるようになるには、まだもう少し時間がかかるようです。野球などは黒田や福留選手が米国大リーグから一流選手待遇でオファーされている時代ですし。サッカー界は残念ですが未だにそうはなってはいません。これからでしょう。

 年末から始まる全国高校サッカー選手権が楽しみです。どんな逸材が出てくるのか。それが楽しみですので。

|

« 政治家の言葉の軽さについて | トップページ | 話題の中心は今でも橋本大二郎さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本と世界との差を感じる:

« 政治家の言葉の軽さについて | トップページ | 話題の中心は今でも橋本大二郎さん »