« 今 なぜローマ帝国なのか? | トップページ | やはり騙しだったのか新風舎の破綻 »

2008.01.09

走れる喜び

 ようやく体調が回復。1年半ぶりに走れるようになりました。走ることは得意ではありませんが、電車道を横断して信号が点滅になった時に走れるようになったことで、回復したことを感じます。
Youtuubunnrisyou


 腰痛博士失格(2006年5月18日のブログ記事)

 MRIまで撮りますと完全に分離していることが判明。整形外科でも治療法はないと言われましたし。医療費用の無駄ですので諦め、ひたすら当時は散歩し、ストレッチをしておりました。

 通っているスポーツジムのトレーナーが「腰痛メンテナンスメニュー」を考案していただき、」毎日しておりました。少し改善しました。昨年5月に老師と出会いほぼ3ヶ月で症状がよくなり社会復帰が出来ました。

 痛いときはは「延長ボタン」を押さないと電車道を渡りきれませんでした。歩くことは平気でも走ることはできなかった。走ることはやはり身体を回転させているからでしょう。骨の可動域が拡大し、復調したからでしょう。

 これも老師のお陰。「わしは125歳まで現役。82歳の今は現役真っ最中であるし。君はまだ若いのだから身体を治して仕事も遊びも徹底してやるべき。」と気合いを入れられました。

 なにかと不安げな経済情勢のスタートの2008年。体調も回復したので前向きに生きて行きたいと思います。

|

« 今 なぜローマ帝国なのか? | トップページ | やはり騙しだったのか新風舎の破綻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/17628897

この記事へのトラックバック一覧です: 走れる喜び:

« 今 なぜローマ帝国なのか? | トップページ | やはり騙しだったのか新風舎の破綻 »