« 新堀川を埋め立て道路にしてはならない  2月15日(金) | トップページ | 道路問題を地方から考える »

2008.02.10

2月最初のセーリング

Yasu508_r

(ぎ装中は寒いことでした。9
 先週の節分はお天気が悪かったので、2月で最初のセーリング。昨日は日本国中が雪が降り、今日は冬型の西高東低の気圧配置。夜須へ着くと予想どうりの強風模様。
高知大学のヨット部もさすがに部員が少なく、今日は2艇しか出ない様子。

 強風波浪注意報は解除されてはいましたが、野市の風力発電の風車は勢いよく回転してますし、ヤ・シーパークの椰子の木の葉っぱは大揺れ状態。
Yasu108_r

 それで完全冬装備ですね。ドライスーツを着用。上下に化繊のアンダーウエアーを2枚ずつ重ね着した上にドライスーツですから防寒は万全。

 足元はウェットソックスを履きましたからこちらも防寒は大丈夫。
Yasu208_r

 ところが出艇準備で斜路へヨットを持って行き、ラダーなどを取り付けようとすると突風が来ましてなんと陸の上で転覆状態に。手袋も流され海へ入り回収。そんなことで最初からトラブル。

 海へ出ますと想像以上の風。タッキングするたびにロープが後ろに絡む。「風のJIN]のように「風を頭の後ろに感じてセーリング」というわけにはいかないせわしさ。

 自分の技量以上の風になりました。10メートル前後となったので、20分程度のセーリングで引き上げました。僅かな時間でしたが、手足の筋肉を総動員したらしく節々が痛いこと。でも眼精疲労は取れすっきりしました。

 やはり海はいいものです。海からエネルギーを頂きました。

|

« 新堀川を埋め立て道路にしてはならない  2月15日(金) | トップページ | 道路問題を地方から考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/40068940

この記事へのトラックバック一覧です: 2月最初のセーリング:

« 新堀川を埋め立て道路にしてはならない  2月15日(金) | トップページ | 道路問題を地方から考える »