« 聖火リレー報道とメディア・リテラシー | トップページ | ついに内閣支持率が26%とか »

2008.04.09

沈(転覆)しながらヨットは覚える

Yasuschool


 ディンギーヨットは1人乗りタイプでもマストの高さは5メートルぐらいありますが、ヨット本体の厚みは20センチもありません。長さは4メートル以上あり、幅も1・4メートルぐらいありますし。セール面積は7・7㎡といわれています。

 不安定なのはあたりまえ。自分で不安定な海の上でバランスをとらんとだめです。風が吹けばもっと不安定になります。座って楽そうに見えますが、ひっきりなしに体重移動を意識しないとすぐに沈します。
Kazenojintin


 ただ沈したばあいには陣が言うように風の向きを考えてヨットを起こさないとまたチンという事態になります。
Yacttin


これは陸のうえでは再現できませんので、海の上で自分で会得するしかありません。なんとかなるものですよ。

 わたしの場合はおっさんですので、マストの上に浮き袋をつけています。こうすれば、沈したとき横倒し状態(半沈)ですむからです。それがないともたもたしていますと完沈状態(転覆)状態になります。そうなると結構労力がかかりますし。
Yasu2163_r

 まあ無理せずたのしくセーリングすればいいことですので。

|

« 聖火リレー報道とメディア・リテラシー | トップページ | ついに内閣支持率が26%とか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/40818589

この記事へのトラックバック一覧です: 沈(転覆)しながらヨットは覚える:

« 聖火リレー報道とメディア・リテラシー | トップページ | ついに内閣支持率が26%とか »