« 青少年交流の重要性は確かではありますが。 | トップページ | 連休明けのはりまや橋サロン »

2008.05.09

料理の使いまわしはやはり良くないだろう

 高級料亭吉兆がまたしてもインチキが発覚。今度は「料理の使いまわし行為」。なんでも経営者が客の食べ残しを捨てるのは「もったいない」から「使いまわしをしろ」と調理人に命令をしていたというから事態は深刻ですね。

 船場吉兆「料理使い回し」で女将が初めて謝罪…博多店でも(サンスポ)

 前回が牛肉の「産地偽装」。今回は「料理の食べ残しの使いまわし」。どうしてばれたのかは定かではないですが、これでこの料理店もおしましですね。絶対に食事にいかないと思いますね。

 そういえば子供が学生時代バイトをしていた日本料理店は大衆料理店でしたが、「使いまわし」などはせず、すべて廃棄していたそうです。まかないでバイトの人間が料理の食べ残しを食べても、お客に出すことだけはないとのことでした。

 一方料理ではなくペイントなどでは、使い残していたペイントを調合し、色あわせしてかまわない現場に使うことはありました。下塗りとして活用したりします。うちなども昔は返品された塗料で色あわせして倉庫の鉄骨を塗装したり、自分で工夫しました。

 でも最近は「製造物責任法」(PL法)なんかが出来てからは有資格者でないとペイントの色あわせもしてはいけなくなりました。原則メーカーでの色あわせになりました。ですから「もちまわり」を商品として出すことはできなくなりました。

 商品にはなりませんね。自家消費しかできないのです。

 人の口に入る料理をちゃんと代金をいただいて「使いまわしをする」。なんとあつかましい料理屋なんだろうと思いますね。

|

« 青少年交流の重要性は確かではありますが。 | トップページ | 連休明けのはりまや橋サロン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/41136579

この記事へのトラックバック一覧です: 料理の使いまわしはやはり良くないだろう:

« 青少年交流の重要性は確かではありますが。 | トップページ | 連休明けのはりまや橋サロン »