« 懸案問題先送りの日中首脳会談 | トップページ | 戦略的互恵関係推進とは何か? »

2008.05.09

レジ袋削減より車利用の抑制を

Ion1
 最近他人の話を全く聞こうとしない「環境全体主義」「環境原理主義」がまたまた台頭しています。それで最近の目標とやらは「レジ袋」を辞退しましょう。という運動とか。

 富山県ではレジ袋を全県有料化した結果、マイバック率が80%を超え、多大な成果を上げたようです。テレビでその様子を写していました。消費者は大型量販店へ車で乗りつけ、スーパーの買い物籠と違う色の買い物籠を持参。料金清算後にその持参の買い物籠でそのまま車へ積み込みました。

「袋からいちいち詰め替えしなくていいから便利。袋も無駄だし。不要だし」とのことで、その買い物客の女性は、良いことをしているという顔でさっそうと車に乗り込みました。
Rezifukuro
(車で買い物をしてレジ袋を辞退しても二酸化炭素の削減にはなりません。まやかしです。)
 はたしてレジ袋を使わないことがとてもよいことののでしょうか?車を使用して買い物にくれば二酸化炭素を出します。まして大型量販店は全国からものを仕入れています。運動時にただいなに二酸化炭素をだしています。

 それに店内の冷暖房と照明。電力を太陽光や風力発電、木質バイオマス地域循環システムでまかっなっているのでしょうか?石油を使っていたり、電力の供給をうけていたら多額な環境負担をかけています。

 そうしたライフスタイルの根本的な見直しをせずに、「環境に優しい」なんて言うのも恥ずかしいし、おこがましい。

 せめて自動車を使用せず、店内の冷暖房は木質バイオマス地域循環システムでしていますとでも言って見ればどうでしょうか?

Mokushitubaiomasu01

|

« 懸案問題先送りの日中首脳会談 | トップページ | 戦略的互恵関係推進とは何か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レジ袋削減より車利用の抑制を:

» 風力発電 [こはるの出来事]
レジ袋削減より車利用の抑制を からものを仕入れています。運動時にただいなに二酸化... [続きを読む]

受信: 2008.05.10 18:46

» 小規模林産の搬出状況 by木質バイオマス地域循環システム [里山’s Bar ~おおのたまらん!土佐の山・里~]
仁淀川町エネルギー自給システム、19年度の林地残材収集運搬システムの搬出状況です。 どうやら小規模林産現場だけで、全量収集の見込みが出てきました。小規模林産である程度はいけると確信していましたが、一年未満でここまで持ってこれるとは我々も少々驚きです。特に小規模林産の収集は実質無理だと言っていた専門家の方々はさらなる驚きでしょう。 こうなる予測は土佐の森・救援隊をはじめとする森林ボランティア団体の増加とその活動の中にきちんと芽生えていました。 山間地や都市部の方の中には、多く林業をやって... [続きを読む]

受信: 2008.05.10 21:02

» 環境リンク集 [環境リンク集]
環境に関するRSS情報を定期的に集めているため、トラックバックをさせていただきました。 宜しくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2008.05.13 08:26

« 懸案問題先送りの日中首脳会談 | トップページ | 戦略的互恵関係推進とは何か? »