« 第3次石油危機の到来 | トップページ | ビールは多資源消費型の飲み物 »

2008.05.19

現地調査ともらい事故

Genba1_r

 今朝は早起きして午前6時に出発。一路愛媛県今治市大西町へ。来島どっく近辺の鉄塔の塗膜調査に行きました。1985年の8月にこの鉄塔を推奨する塗料で防錆塗装しました。23年目の調査です。
Kurushimad_r

 高知などは不況にあえいでいますが、来島どっくなど船舶関係は絶好調の様子。周辺に工業団地がありますが皆活気がありますね。

 この地域は造船と工業団地、農業地、海、みかん畑と混在し、独特の風景。3つの鉄塔を調査しましたが、1番後に調査した鉄塔付近にあったJAの支所がなくなり更地になっていたのには驚きました。

 それで調査を終え、新居浜を行く予定でした。途中大西町のサンクスで買い物をし、国道196号へ出ようとしたところ、右後方ドアにバックしてきた乗用車に追突されました。
 いやはやびっくりしました。こちらは停車していたし、相手方もバックでの追突なのでお互い怪我はありませんでした。それは幸いでした。
Ziko1_r

 さっそく警察に連絡し現場検証してもらいました。わたしの車は右後方のドア部が一部えぐられています。相手方は右後方のバンパーがへこんでいました。
Zoko2_r

 検証後相手方とも示談しました。相手方が非を全面的に認められたため、円満に事故処理は終わりました。相手は同年輩の地元の女性の方。

 交通事故はいつ起こるかわかりません。あわてず前方、後方確認をしましょう。
Ziko3_r
(愛媛県警のみなさんお仕事ご苦労様でした。)

|

« 第3次石油危機の到来 | トップページ | ビールは多資源消費型の飲み物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/41256690

この記事へのトラックバック一覧です: 現地調査ともらい事故:

» もらい事故で被った損害額は全部相手に請求できる? [自動車保険:車両・バイク損保の比較ガイド]
もらい事故、すなわち被害事故とは、自分自身に非がない場合で相手側から一方的にクルマを衝突された場合、等の被害を受けた事故のことです。道路上を普通に制限速度を守りながら、余所見などもせず、携帯電話を運転中に使ったりもせず、車線もはみ出ていない、車体の調子も問題なし、と交通ルールにほぼ一切問題がない時に別の対向車が車線をはみ出たり、スピード違反やハンドル操作ミスで突っ込んできて当てられた場合などがもら...... [続きを読む]

受信: 2010.03.11 12:20

« 第3次石油危機の到来 | トップページ | ビールは多資源消費型の飲み物 »