« 年金制度の不可思議 | トップページ | 大金持ちは倹約せずお金を使え »

2008.05.01

ガソリンスタンドの苦悩

Gsnakamura_r
 今朝は午前5時に起床。久しぶりの早朝散歩に。500メートル先のコンビニに木曜発売の週刊モーニングとヤングジャンプを買いに行きました。ところが2つの雑誌も「連休合併号」が先週出ていたようです。がっかりでした。

 知り合いのガソリンスタンドの人に会いました。早朝から開店準備されていました。今後のガソリン価格の動向を聞きました。

「今日から上がるのですか?今後の見通しはどうなるがです?」

「今日から暫定税率分である25円10銭が現在の127円に乗せられます。つまり152円10銭になります。5月の連休後に8円程度上がるでしょう。ですので連休後は160円10銭前後となりますね。」とのこと。

「給油機の価格の設定のやり直しなど、余分な仕事が増えて疲れました。」とも。

 車が必需品の地方都市の人間にはガソリン価格の4月になっての25円の下落は嬉しかったです。でもそれもかたときのもの。やはり政治をあらためないと駄目ですね。自民党・公明党に政権運営をささせ続けたら、「ぶっ壊れる」のは国民生活であることがよくわかりました。
Madamano_3_thumb

(やはりこの人が「諸悪の根源」。再登板の噂もあるようですがとんでもない話です。)壊れたのは「自民党」ではなく国民生活でした。今度こそ本気で小泉自民党をブッ壊さないと:日本は滅亡します。


|

« 年金制度の不可思議 | トップページ | 大金持ちは倹約せずお金を使え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガソリンスタンドの苦悩:

« 年金制度の不可思議 | トップページ | 大金持ちは倹約せずお金を使え »