« 遂にとでん跡はたな晒しに | トップページ | 6日は映画「ヒロシマ・ナガサキ」を鑑賞しよう »

2008.08.05

暑さのなかで思うこと

 暑い中での危険性は「熱中症」であると言います。暑さで体液が奪われ、熱が身体にこもると大変危険です。水分補給が大事であると言われるようになったのはつい最近というか、ここ10数年くらいでしょう。

 自分達が学生の頃は「水を飲むな」とか、「うさぎ跳びをしろ」とか無意味なトレーニング根性論が体育スポーツ界ではびこっていましたし。

 暑ければエアコンをかければそれでいいことはわかるが、外気温との温度差がかえって苦しいのも確か。TBSの番組のように医者がでてきて「危険な状態ですね」と言われても何ら解決策にはならない。

 自分は炎天下でセーリングをしている。氷結したスポーツドリンクをヨットに3本ぐらい積んでがぶ飲みしながらしている。日常の暑さ対策も同様で、水分補給はかかせない。

 日本人は暑さには比較的順応する民族であると思う。紫外線対策や日焼け止めは必要。製造業などで緻密な作業が必要である部署には冷房は必要でしょう。

 ただ都市づくりで野放図にアスファルト道路整備ばかりをし、車を引きこみ暑い都市を税金でこしらえていながら、「地球温暖化防止 6%カット」などと人気取りをしてもリアリティを感じないし、本気度を感じませんね。
Goya804_r

(ゴーヤを食べて暑さをしのいでいます。)
 秋が来れば涼しくなるでしょうし。暑いときはペースダウンもやむなし。体力を温存すれば秋から巻き返せば良いと思いますね。

 汗をだらだら流すことは体の新陳代謝にも良いことです。うちの事務所は朝は30度で涼しいですが、昼間は34度になります。35度になればエアコンをかけます。今日はそこまでいかないでしょう。

|

« 遂にとでん跡はたな晒しに | トップページ | 6日は映画「ヒロシマ・ナガサキ」を鑑賞しよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/42068323

この記事へのトラックバック一覧です: 暑さのなかで思うこと:

« 遂にとでん跡はたな晒しに | トップページ | 6日は映画「ヒロシマ・ナガサキ」を鑑賞しよう »