« ゴーヤの種類 | トップページ | 橋本大二郎さんが番組収録 »

2008.08.26

介護士の「輸入」は慎重に

 介護は人間の尊厳に関わる問題です。介護保険の歪みがあるせいで、介護に携わる人達の待遇と給与が低いので離職率が高い職場になっています。かといって介護に関する賃金を上げれば、介護事業者が赤字になり倒産する状態。まずこれを改善しないといけない。

 最近日本国内の介護事業の問題点をなんら反省も改善もしないのに、インドネシアから看護士と介護士を宇輸入するようです。それも大変厳しい条件をつけて

 インドネシアから看護師来日 医療介護の救世主となりえない数々の理由(J-CASTニュース)

 日本語の習得を条件にし、介護現場を体験させながら日本語による国家試験を受験させ、不合格なら帰国させる。このあたりもインドネシアから来られる人たちに失礼なのではないのでしょうか?
Kaigo02
(介護の仕事は人間の尊厳に関わる。もっと重要視されなければいけない。)
 私のように現場ワーカーであるホームヘルパーの資格がありながら就労していない人間が日本には30万人程度いるようです。その理由は労働か過酷な割には、身分保障もなく、給与も安いからです。訪問介護の場合は移動交通費も出ないようですし。

 人間の尊厳の仕事なら、もっと待遇改善しないと。公共土木工事のマンパワーを思いきって介護現場にシフトさせるべきであると思います。介護現場ほどマンパワーが必要なところはなく、また機械化できない作業所であるからです。

|

« ゴーヤの種類 | トップページ | 橋本大二郎さんが番組収録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/42268181

この記事へのトラックバック一覧です: 介護士の「輸入」は慎重に:

« ゴーヤの種類 | トップページ | 橋本大二郎さんが番組収録 »