« 政治の流動化が始まり出した・・・・ | トップページ | 浦添商業と北島康介氏の活躍 »

2008.08.14

野球もサッカーも惨敗の日本

  昨日のU-23のオランダ戦の敗戦は「弱すぎる」「何の魅力もない」「青少年に失意を与える」サッカーでした。本当にU-23は何をしていたのか。ボールを止められない、保持できない。シュートをしない。枠にシュートが行かない。走れない。情けない日本のサッカー。未来は暗い。

 関連ブログ記事 弱すぎる日本サッカー Uー23

 鳴り物入の「星野ジャパン」の野球も掛け声倒れ。シーズン真っ最中で中国での試合。ケガをすることを恐れるのは当然。選手全体が疲れているようでした。精彩がない。星野監督のテレビの前だけの「気合い」だけでは勝てませんね。

 キューバもただ豪快に打つだけでなく、小技も美味くなっているし。もともとある身体能力と組織プレーが光にいているし、何より「自分を高く売ろう」という姿勢があるようですし、怪我を恐れる日本選手とは気合いが違うようです。

 野球もサッカーも青少年に失意を与える結果でとても残念です。

|

« 政治の流動化が始まり出した・・・・ | トップページ | 浦添商業と北島康介氏の活躍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野球もサッカーも惨敗の日本:

« 政治の流動化が始まり出した・・・・ | トップページ | 浦添商業と北島康介氏の活躍 »