« もっと気象に敏感になろう | トップページ | 文化環境部環境共生課とは? »

2008.08.06

やはり毒物入り餃子は中国製

中国の天洋食品製造のギョーザで毒物反応が中国国内で発生したようですね。これで毒物餃子事件は中国で毒物が入れられたことが確定しました。

 中国製ギョーザ中毒:中国で中毒 天洋食品製、メタミドホス回収後に流通(毎日新聞)

 北京五輪前に中国側が謝罪し、真相究明と事後対策をするのではと思っていましたが、とうとう中国側の誠意は見られませんでした。事件が起こったのは真冬のことでしたから。半年以上がたちますし。

 つくれば売れるお国柄と、安全にはことさら厳しい日本の消費者ではしょせん合わないと思います。消費者も「安さだけを求める」ことには限界があることを認識しないといけない事件でした。

 事件後スーパーでは表示を見る消費者が増加し、売り場のレイアウトを変えたようにも聞いています。

|

« もっと気象に敏感になろう | トップページ | 文化環境部環境共生課とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/42087481

この記事へのトラックバック一覧です: やはり毒物入り餃子は中国製:

« もっと気象に敏感になろう | トップページ | 文化環境部環境共生課とは? »