« 俺達の高知創造委員会 | トップページ | 国民の健康よりは政府の体面重視 »

2008.08.07

映画ヒロシマ・ナガサキの凄さ

S1_r
(原爆の惨状を今の新聞が伝えるとしたら。で作成された「ヒロシマ新聞」)
 映画を昨日で2回、テレビで1回、合計3回見ました。ドキュメンタリー映画「ヒロシマ・ナガサキ」(S・オカザキ監督)は見ごたえと説得力のある映画でした。

 500人の被爆者と面接され、うち14人が出演されています。忌まわしい原爆の惨状と、ご自身の傷や後遺症のことも冷静に語られています。
 被害者でありながら「伝染病のように感染するのではないか」と差別され、就職もできず、結婚も制約された大変な日常であることを話されていました。

S2_r

「死ぬ勇気も必要。わたしは生きる勇気を選択した。」というある被爆者の話は強く印象に残りました。
 「わたしたちも70歳を超えている。あと10年もすれば被爆者は少なくなり。国は私たちが死に絶えるのを待っているようです。そうではなく早く対策をしていただきたい。」

 原爆投下した空軍兵士や、原爆開発に関わった科学者も淡々と話している。

 この映画の優れているのは、被爆者や米軍関係者の証言を丹念に撮影していることと、原爆投下当時の日米のニュースフィルムにより、両国民の意識、戦争指導者の意識を描いていることです。

 日本はアジア各国の侵略戦争を繰り返し、そのあげくにアメリカとの開戦となった。アメリカ側は「日本は近代兵器を屈指し戦うが、その精神は我々と異なり2000年前のようだ。」と駐日大使が話していました。

 現在の核保有国はアメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国の国連常任理事国とともに、インド、パキスタン、イスラエル、イラン、北朝鮮と言われ拡大しています。

 核戦争の現実味がある現在であること、世界各国の市民は「ヒロシマ・ナガサキ」を見ることは必要です。

 昨日高知市の城西中学と潮江中学の生徒たちが鑑賞しました。あまりの被爆の悲惨さに泣き出す生徒もいたようです。「事実から目をそむけないでほしい」と主催者は訴えていました。

 昨日数百人を超える市民が「ヒロシマ・ナガサキ」を鑑賞しました。この映画は全世界の市民が見るべき映画です。見た上で核をどうするのかを冷静に議論すべきです。

 主催者の原発さよならネットワーク高知のみなさんありがとうございました。
Ihgen_r
(まんが「はだしのゲン」も展示されていました。「はだしのゲン」の作者中沢啓治氏も被爆者。映画にも登場されました。)

 本日8月7日ですがNHKハイビジョンでも午後2時から3時35分の予定で「ヒロシマ・ナガサキ」が放映されます。

|

« 俺達の高知創造委員会 | トップページ | 国民の健康よりは政府の体面重視 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画ヒロシマ・ナガサキの凄さ:

» ジョルジュと呼ばれたい戦争 ブーツ [いけてる靴!!]
AVIREX U.S.A ミリタリーブーツ CONBAT AV2000 BLACK ww が銭の戦争 砂時計 コーヒープリンス1号店 bs 西宮 春の日 放送予定 太王四神記 ある 新たに『魔王』『太王四神記』『銭の戦争』を観始めました。 ブーツスタンド トリ 暮し 生活応援サイト銭の戦争の... [続きを読む]

受信: 2008.08.09 18:21

« 俺達の高知創造委員会 | トップページ | 国民の健康よりは政府の体面重視 »