« やはり酷評 五輪男子サッカー | トップページ | 心配なアジア最終予選 »

2008.08.27

衰えた米国の威信

 結局「9・11テロ」以降の1国軍事行動をしたブッシュ大統領の専横に世界からブーイングが起きているようです。無条件煮追随した小泉前首相の日本以外は。

 米の威信低下、世界に影 政権末期で「力の空白」(日本経済新聞)

 軍事力への過信で思うどうりの成果が上げられないどころか、経済政策で後手に回り、アメリカは世界恐慌以上の景気後退が数年続くとの予想まで出ています。「史上最低の大統領」として歴史に名前を残しました。

 次期大統領もそのブッシュ大統領の「後始末」が1番の大仕事。どちらの党の候補者が勝っても大変なことは間違いありません。

 連動して日本も政権交代の予感がします。さてどうなるのでしょうか?年末・年始が総選挙になるのでしょうか?

|

« やはり酷評 五輪男子サッカー | トップページ | 心配なアジア最終予選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/42291545

この記事へのトラックバック一覧です: 衰えた米国の威信:

« やはり酷評 五輪男子サッカー | トップページ | 心配なアジア最終予選 »