« 新自由主義に変わる思想の構築を | トップページ | やはりおかしい日本のエネルギー政策 »

2008.09.30

高知シティFMと市民活動

Haruna2
 2000年4月の高知シティFM開局と同時に、番組を開始。「けんちゃんの吠えるウォッチング」は週に5日、月に20回、年間240回番組をしました。3年間で720回番組を制作しました。

 2003年4月から「けんちゃんのどこでもコミュニティ」では毎回ゲストを招き、話していただきました。政治、経済、文化、市民活動の分野、年齢、職業を関係なしの人たちからいろんな話を聞きました。
Kouryuu2_r
(7回開催された「番組出演者交流会」正真正銘の異業種交流会です。)
 それを番組終了後に休日にテープを聴き、要約筆記をしてホームページを作成しました。一部はWEBラジオにして広く見聞していただこうとトライしました。こちらも3年間で720回やりました。ホームぺージも充実しています。1市民がこしらえたにすればです。

 また番組出演者の皆さんのなかには私が作成したゲスト紹介ページを活用されている人もおられます。県外などで活動される場合に、事前に相手方が自分のことを知っていたこともあるようです。「どこでもコミュニティ」が検索エンジンによくひっかかるので、それで見つけて事前のレクチャーをしていたからです。そうした「前向き」な活用事例があることは大変嬉しいことです。

 番組のおかげで社会時勢や市民活動を観察し、ゲストに招聘し、話を聞くようになりました。それを正確に聞き取り、それを私心をいれずに情報発信しました。

 2004年1月1日からブログをはじめました。80数人の人たちのブログ作成をサポートしました。橋本大二郎前知事にもブログを薦めました。沢山保太郎東洋町長のブログは実際に東洋町へ行きサポートしました。

 今の時代市井の市民が気軽に情報発信できる時代です。

「情報は出せば出すほど、入って来ます。」事は事実です。

 得られた教訓

1)自分の親しい人たちだけでの交流は情報入手の手段が狭まります。

2)異質の人たちの世界の話を聞くことで、自分の世界が広がります。
  それが高知シティFMの番組作成であり、番組終了後のホームページやブログの作成活動でした。

3)まちづくりにおいては「情報公開」と「市民参加」がなにより必要です。行政と市民のパートナーシップの段階は高いレベルです。

4)自分の発信するラジオ番組、サイト、個人ブログも公的なメディアである自覚もできました。表現や記事の信憑性についてもきちんとした調査が必要です。つくづくそう思います。

|

« 新自由主義に変わる思想の構築を | トップページ | やはりおかしい日本のエネルギー政策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/42633716

この記事へのトラックバック一覧です: 高知シティFMと市民活動:

« 新自由主義に変わる思想の構築を | トップページ | やはりおかしい日本のエネルギー政策 »