« やはり韓国は麻生太郎首相を警戒していますね。 | トップページ | 自民党も民主党も選挙管理体制 »

2008.09.02

終末の家をこしらえて落ち着きました

  終末の家が完成し、墓石屋さんにお支払いもしました。なんだか落ち着きました。これで現世はどうなろうが、今後私の家族と子孫はこの墓石の中で安住できるからです。無縁仏に子孫もなることはありませんし。

 先人が「お墓はこの世を生きている人のためにつくるものだ」と言っておられましたが、その意味がようやくわかりました。とても大事なことであったのです。

 あいからわず現世のほうは大変です。昨日から国政も大混乱状態。でもそれも落ち着いて眺めることができます。

|

« やはり韓国は麻生太郎首相を警戒していますね。 | トップページ | 自民党も民主党も選挙管理体制 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終末の家をこしらえて落ち着きました:

« やはり韓国は麻生太郎首相を警戒していますね。 | トップページ | 自民党も民主党も選挙管理体制 »