« 映画「光州5・18」を鑑賞しました | トップページ | 半年を振り返って  10月3日(金) »

2008.09.27

小泉と中山こそ自民党のガン

 またも中山国土大臣が放言を。「日教組は日本のガン」「日教組をぶっこわせ」などと右翼団体の街頭宣伝ばりに吠えています。実に勇ましい官僚出身者であります。

 日教組を過大評価しておるようですが、そんなに力はないでしょう。いまや労組組織率も低下していますし。なんかこの人時代錯誤ではないでしょうか?確かにおかしい。簡単に辞めないでほしい。自民党の「選挙の顔」でがんばってほしい。国民がどうなのか審判すれば良いのですから。

 小泉純一郎氏。引退は本当であるとか。しかしその選挙地盤を27歳の次男に継承させるとか。継承すれば「4代目」の政治家となります。これが「改革」を叫んでいた人の本質なのでしょう。

 選挙地場のない小泉チルルデンの佐藤ゆかり氏あたりが継承するというのであればまだわかる。息子が継承すtるというのはいかがなものかと思いますね。

 もう1つ小泉純一郎氏の迷惑な置き土産があります。原子力空母の横須賀配備。常時寄港ー母港問題です。これも対米従属0一辺倒外交であった小泉内閣の責任。国是の「非核3原則」はどうなったのでしょうか?

 じつにいい加減な男が5年半も首相を勤めました。日本をめちゃくちゃにしました。引退なんか許されるはずはありませんえ。罪をつぐなうまでは。

|

« 映画「光州5・18」を鑑賞しました | トップページ | 半年を振り返って  10月3日(金) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/42613479

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉と中山こそ自民党のガン:

« 映画「光州5・18」を鑑賞しました | トップページ | 半年を振り返って  10月3日(金) »