« 10月7日は高知1区4人の候補者討論会 | トップページ | 高知シティFMと市民活動 »

2008.09.29

新自由主義に変わる思想の構築を

  おそらくハイエクあたりの「新自由主義」の考えが、サッチャーやレーガン政権などアングロ・サクソンの国を経由し、日本へ小泉内閣の頃にアメリカ経由で「輸入」されたのでしょう。

 しかし実に粗雑であり、「お金を人間より上位に置く」考え方の弊害は全世界に及んでいます。日本はまだ継承でしょう。田舎にまだまだしぶとい日本人が残存しているからです。

 小泉元首相の象徴される新自由主義を根絶しないと日本は再生できません。自民党も民主党も決別宣言すべきです。そして日本を格差社会にした責任者を追及しないといけないですね。

 今回の総選挙は新自由主義を信仰する候補者を洗い出し、全員落選させないといけないですね。

 それには新しい社会思想を提示しないといけないですね。そろそろそういう時期にきたと思います。そろそろあmとめてみたいと思います。アウト・プットする時期が来たようですね。

|

« 10月7日は高知1区4人の候補者討論会 | トップページ | 高知シティFMと市民活動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/42635957

この記事へのトラックバック一覧です: 新自由主義に変わる思想の構築を:

« 10月7日は高知1区4人の候補者討論会 | トップページ | 高知シティFMと市民活動 »