« 国難をどう打開するのか? | トップページ | 安心・安全内閣の完全崩壊 »

2008.09.19

共産主義思想のリバイバルか?

 学生時代に読んだことのあるレーニンの帝国主義論。こう書いてありますね。

「「帝国主義とは、独占体と金融資本の支配が成立し、資本の輸出が顕著な意義を獲得し、国際トラストによる世界の分割がはじまり、最大の資本主義諸国による地球の全領土の分割が完了した、という発展段階の資本主義である」
 
 わかったような、わからんような表現。アメリカブッシュ政権による「テロとの戦争」と称するアフガンやイラクへの侵略戦争。新自由主義による格差社会の推進、世界への蔓延。そしてサブプライム問題での金融資本の崩壊。アメリカ経済の破綻。不況。

 出口を探して「戦争」の恐れがでてきましたね。

Reininr
(この人がレーニンさん。大嫌いな人物ですがマルクスの読書ノートとしての「帝国主義論」は面白そうです。)

|

« 国難をどう打開するのか? | トップページ | 安心・安全内閣の完全崩壊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 共産主義思想のリバイバルか?:

« 国難をどう打開するのか? | トップページ | 安心・安全内閣の完全崩壊 »