« 日教組はたいした組織なのか? | トップページ | 季節は確実に秋に »

2008.09.28

人は見た目が9割であるとか

Hitohamitamehon
 竹内一郎著「人は見た目が9割」(新潮新書 2005年)を図書館で借りて読みました。著者は学識経営者であり、漫画の原作者である著述業の人。自分の原作が漫画家の表現方法によりヒットもすれば、だめなこともあるということに気がついたそうです。

 それで竹内氏は気がついたようです。

*言葉以外の情報が93%を占めている」

*言葉以外の情報をすべてひっくるめて「見た目」と言う。

*顔の表情55%。声の質(高低。大きさ、テンポ)38%。話す言葉の内容7%

 
*討論会などで説得力のある人は「場の支配力」がある。

 この本の主旨は上の4項目でしょう。

 後書いているのは専門領域の漫画の表現法や役者の立ち振る舞いなどの観察場面が多い。

 アメリカ大統領選挙などまさにこの代表のようなもの。日本も小泉純一郎氏が真似をして一時期国民の支持を得たことがありました。
 過去ナチスなどはそれ専門の人たちが毎日デマ宣伝をしていましたし。英国ではデマを見抜く教育を「メディア・リテラシー」として小学校でしていました。

 言葉以外のコミュニケーション手段を「ノンバーバル・コミュニケーション」の重要さを気がつかないといけないと思います。

 わたしなどは顔が大きく、背も高く(日本人のなかでは)、座ると座高が異様に高い。胴長嘆息ですので目だってしまいます。(目立ちたくないと思っても目立ちますね)
 
 開き直っていますが、少しは研究しないと駄目であると思いました。「場を支配する能力」を研究しないといけないと思いました。

|

« 日教組はたいした組織なのか? | トップページ | 季節は確実に秋に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/42619144

この記事へのトラックバック一覧です: 人は見た目が9割であるとか:

« 日教組はたいした組織なのか? | トップページ | 季節は確実に秋に »