« 岡田監督ではW杯は無理かも | トップページ | アメリカ政府の景気対策は駄目 »

2008.10.22

内閣府の下知地区調査資料

Shimozisinsuimm
(1946年の昭和南海地震。高知市下知地区は家屋の倒壊に加え、浸水しました。)
 以前潮江地区でNPO活動をされている建築設計士の田上圭一さんに、内閣府が高知市下知地区を視察したレポートを紹介していただきました。

 下記PDFファイルを参考。

「tunamihinan-biru.pdf」をダウンロード

 それによると、さえん場付近から若松町・青柳町までの地域には高台がなく、耐震性のある公共建築物はかるぽーとしかありません。

 そこへ地震時その後の地盤沈下、水没から逃げるにはかるぽーとまでどう逃げるのか。「津波避難ビルについて」の無責任なコメントがあるだけ。
 国の防災防災対策なんて実にいい加減でお粗末であることがわかった。

 西やんが執念でネット上で検索し、見つけたようです。そのブログ記事も参考に。

 津波避難ビル等に係るガイドライン検討会

 さえん場から、桜井町、宝永町、知寄町、二葉町、若松町、金田町、青柳町などの高知市下知地域は低地で平野部です。小高い山もなく、耐震性のある公共建築物もありません。

 行政側は南海地震対策のために地域に自主防災会の設置を呼びかけてはいますが、今ひとつ結成率が悪いのは、「どこへ逃げてえいかもわからんのに何をするのか」という根深い不信感に基づいているからです。

 この地域に必要なのは耐震性のある公共建築物でしょう。ビルが予算不足で無理であれば、公園内に津波避難用タワーを鉄骨でこしらえるべきでしょう。いざというときに周囲の住民が逃げ込める施設です。
Calport
 かるぽーと。うちからは約1キロ程度離れている。耐震性のある公共建築物はここだけ。緊急時とても駆け込める位置にはありません。

|

« 岡田監督ではW杯は無理かも | トップページ | アメリカ政府の景気対策は駄目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/42867142

この記事へのトラックバック一覧です: 内閣府の下知地区調査資料:

« 岡田監督ではW杯は無理かも | トップページ | アメリカ政府の景気対策は駄目 »