« 下知地域に公共津波待避施設の建設を | トップページ | 「暫定内閣」で持ちこたえるのか? »

2008.11.10

見ごたえあった日本シリーズ最終戦

  昨日のプロ野球日本シリーズ巨人ー西武戦。なかなか見ごたえのある試合でした。
  1点リードされていた8回でしたか片岡が死球で出塁。すかさず次打者の1球目で盗塁。バントで3塁に進塁。そして3塁ゴロでホームへ。ノーヒットで同点に。その後西武が攻め立て1点リードし、3-2で結果は逆転勝利。西武が日本1になりました。

 見ごたえのある試合でした。途中で試合が打ち切られることもなく見ることができました。
 この日本シリーズは、高知地方は西武球場での3試合分は地上波放送がなく見ることができませんでした。プロ野球の日本1チームを決めるシリーズは全国中継すべきでしょうに。それが残念ですね。プロ野球界がたるんでいる証拠ですね。

 普段野球を見ることにない私でも真剣にみたほど面白い試合展開でした。

 長年巨人中心の放映で胡坐をかいていた読売ー日本テレビの怠慢のつけがきたのでしょう。このあたりも「再建」しないとプ日本のプロ野球の未来はありません。

|

« 下知地域に公共津波待避施設の建設を | トップページ | 「暫定内閣」で持ちこたえるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見ごたえあった日本シリーズ最終戦:

« 下知地域に公共津波待避施設の建設を | トップページ | 「暫定内閣」で持ちこたえるのか? »