« スーパーマニアの寸評 | トップページ | 1月3日の夜須のハーバー »

2009.01.03

「瀬戸内寂聴 源氏物語」は面白い番組でした

  2日NHK教育「瀬戸内寂聴 源氏物語の男君たち- 第5回」は3時間の番組でしたが、実に面白い番組でした。わたしは教養がないので源氏物語は漫画での「あさきゆめみし」を読んだ程度。その漫画でも難しいと思いましたし。

 瀬戸内氏によれば登場人物は340人も出てくるそうですし。人間の心理や身勝手さ恋愛感情は1000年経過しても変わらないということだそうです。

 「理屈じゃないんです。雷に打たれたようになるのです。身分や年齢を超え動いてしまうのです。」と瀬戸内氏はご自身の体験を踏まえながら解説されます。また小説家の同業者としての紫式部への解説も絶妙。

「わたしは出家しなかったらおそらく自殺していたでしょう。怖いものはありません。後はお迎えが来るだけですから。」と達観した人生観も凄い。

 なにかと身勝手な光源氏が人気者であるのもなんとなくわかりますし。不倫や権力闘争も挿入されていますし、1000年を超える壮大なスケールには驚きます。

 一度は瀬戸内版の源氏物語でも読んでみましょうか。

|

« スーパーマニアの寸評 | トップページ | 1月3日の夜須のハーバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「瀬戸内寂聴 源氏物語」は面白い番組でした:

« スーパーマニアの寸評 | トップページ | 1月3日の夜須のハーバー »