« 40年目の思想的総括をしてみよう | トップページ | 安田講堂落城 "あの日”から40年学生たちのその後を見て »

2009.01.17

阪神大震災から14年目

 Hanshindaizisin

 1995年1月17日に発生した阪神大震災。もう14年になります。当時高知へ関西から来ていたお客さんと一緒にテレビ画面を食い入るように見ていたことを思い出します。あの年も今年同様にとても寒い日でした。

 明け方に自宅の3階で寝ているときに激しい揺れを感じました。寝床の足元に当時は本棚がありましたので必死で倒れないように抑えていたことを思い出します。増築前でしたので、上の子供とは川の字のように寝ていて、下の子供は押入れをベットにして寝ていました。

 状況がわかるにつれ大きな被害が出ていました。メーカー勤務時代に尼崎にいましたので、安否確認をしていました。幸い同期生はみな無事でした。
 
 昨年は震災で大きな被害を受け、再建された神戸市長田区鷹取町の皆様と交流しました
 「だれも地震など来るとは思わなかった。」という体験された人でなければわからない本音の貴重な話を聞かせていただきました。
Takatorifutaba
(交流会の様子です。)
 今年は3月に地元の自主防災会にて「炊き出し訓練」をする予定です。

|

« 40年目の思想的総括をしてみよう | トップページ | 安田講堂落城 "あの日”から40年学生たちのその後を見て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/43758173

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神大震災から14年目:

« 40年目の思想的総括をしてみよう | トップページ | 安田講堂落城 "あの日”から40年学生たちのその後を見て »